コインベースカストディがポルカドットのトークン「DOT(ドット)」をサポート

コインベースカストディーがポルカドットのトークン「DOT(ドット)」をサポート

Coinbase Custody(コインベースカストディ)がPolkadotが発行しているトークン「DOT」のサポートを開始することが明らかになった

これによりDOT所有者は、トークンを保有・管理するためにCoinbase Custodyを利用できるようになる。

この発表に伴って、DOTの所有を確認し、認証するための手続きを行うウェブサイトもリリースされた。その手順は、(1)Ethereum Addressの確認(2)Polkadot Addressの生成(coinbaseなどで)(3)Mycryptoからトランザクションの送信(4)Polkadot Addressの認証となる。

編集部のコメント

Polkadotはスケーラブルなシャードチェーンであり、複数のシャードにわたるアプリケーションとプロトコルのクロスチェーンコンポーザビリティのための安全な環境を提供するプロトコルであると、Polkadotのブログで定義されています。日本のPolkadot周辺のプロダクトは、LayerXが開発している「Zerochain」やステイクテクノロジーズが開発している「PLASM」などが存在しています。まだメインネットでは起動していないので、2020年内にメインネットが稼働すれば、大きなインパクトを業界内外にももたらすと、あたらしい経済は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーがBTC/JPYペアの欧州・日本間クロスボーダー取引開始、韓国NH農協銀行が韓国政府中央機関のBC電子証明アプリと統合などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

bitFlyerがBTC/JPYペアの欧州・日本間のクロスボーダー取引開始を発表、韓国NH農協銀行が韓国政府中央機関のブロックチェーン電子証明アプリと統合を発表、米コインベース(Coinbase)がCosmos(ATOM)のステーキング対応、サムスンSDSがブロックチェーン活用の医薬品向け流通履歴管理のパイロットプロジェクトを計画

EYがEY OpsChain Network Procurement発表、コインチェックがイーサリアムクラシックの板取引開始、バイナンスがVenus Protocol発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

監査法人EYがパブリックブロックチェーンを活用したグローバルな調達ソリューション「EY OpsChain Network Procurement」を発表、コインチェックがイーサリアムクラシックの板取引サービス開始、バイナンスが新たなDeFiプロジェクト「Venus Protocol」を発表、ニュージーランドの規制当局が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う企業に対して顧客情報の提出を要求

ニュージーランドの規制当局が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う企業に対して顧客情報の提出を要求

ニュージーランドの国税管理機関である内国歳入庁(IRD)がニュージーランド国内の暗号資産(仮想通貨)取り扱い企業に対して顧客情報の提出を求めていることがわかった。ニュージーランドの現地メディアであるRadio New Zealand(RNZ)が報じた。