NTTテクノクロスがブロックチェーン活用のビジネス検証プラットフォームを提供へ

NTTテクノクロスがブロックチェーン活用のビジネス検証プラットフォームを提供へ

NTTテクノクロス株式会社が、ブロックチェーンを活用したビジネスを検証できるプラットフォーム「ContractGate PoC Service(コントラクトゲート ポック サービス)」を2020年3月6日から提供することを2月4日プレスリリースにて発表

ContractGate PoC Serviceは、クラウド環境上にブロックチェーンの動作を可視化するツール「ContractGate/Monitor(モニター) 」や、ブロックチェーンの耐改ざん性やトレーサビリティ(追跡可能性)を生かして電子チケット取引を管理するツール「ContractGate/Pass(パス)」をインストールしてセットで提供されるとのこと。

同サービスの利用企業は、実証実験のために検証環境を初めから構築する必要がなくなり、短期間でも低コストで簡単にブロックチェーンを活用したビジネスの検証を行うことができるとのこと。

同サービスの提供価格は、一式500万円(税別)からとなっており、利用は2カ月間から可能。また、PoC適用支援、業務アプリケーションプロトタイプ開発、環境準備など含め、要望に応じて対応が可能とのこと。

編集部のコメント

ブロックチェーン関連の導入支援取り組みの一例を紹介します。株式会社HashHubが2019年9月にConsenSysと日本国内での法人向けブロックチェーン導入支援の提供について提携をしています。両社は、現実の法律をスマートコントラクトで執行するOpenLaw、コンソーシアムブロックチェーンのフレームワーク(Hyperledger Besu)、ブロックチェーンデータ分析ツール・コード監査などのプロダクトポートフォリオをConsenSysは持っており、これらを組み合わせて、日本で最適なソリューションを企業向けに提案していくとのことでした。


コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:artsstock)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス