イーサリアムL2「Starknet」でSTRKのステーキング提案、年内の提供目指す

StarknetでSTRKのステーキング提案

イーサリアム(Ethereum)のL2スケーリングソリューションのスタークネット(StarkNet)で独自トークン「STRK」のステーキングを稼働させる計画が7月10日にコミュニティへ提案された。

今回の提案では、2024年第4四半期中のメインネットでのステーキングの第1段階の開始が目指されている。将来的には、スタークネットのコンセンサスプロトコルの一部として、ステーカーはブロックの作成、証明、および証明を通じたネットワークの維持とセキュリティの責任を負うことになる。ただし、短期間での切り替えは現実的ではないため、ステーキングの導入は段階的に行う計画となっている。

今回提案された第1段階では、プロトコルの経済的インセンティブ構造といくつかの主要なスマートコントラクトコンポーネントをテストするという。段階的なアプローチを採用することで、データ収集とテストを実行し、ステーキングを実装しながらプロトコルの改良ができるとのこと。

また現段階の計画では、ステーキング報酬はステーキングされたトークンに比例した額が付与されるとのこと。ユーザーは自らステーカーになることや、ステーカーへトークンを委任することでステーキングに参加できるようだ。

また現状では、ステーキングされたトークンは21日間のロックアップ期間の対象になるという。この期間中ユーザーは、報酬獲得と資金の引き出しが不可となる。

なおこの初期段階では、スタークネット開発元のスタークウェア(StarkWare)とスタークネット運営元のスタークネット財団(Starknet Foundation)はステーキングに参加しないとのこと。そのためステーキング報酬を受け取る資格はないという。またロックされたトークンはすべて、現時点ではステーキングに参加できないとのことだ。

スタークネットは、zkRollup(zkロールアップ)を活用した、イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューション。暗号証明技術「zkスターク(zk-STARKs)」を開発したスタークウェア(StarkWare)によって開発され、現在ではスタークネット財団(Starknet Foundation)によって運営されている。

なおzkRollupとは、暗号技術を利用した証明技術「ゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)」活用のロールアップのことだ。

関連ニュース

参考:スタークネット
image:iStocks/Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored