アーリーワークスとNEC通信システムがブロックチェーンを用いた「超高速次世代型ハイブリッドデータベース」に関する共同研究を開始

アーリーワークスとNEC通信システムがブロックチェーンを用いた「超高速次世代型ハイブリッドデータベース」に関する共同研究を開始

株式会社アーリーワークスと日本電気通信システム株式会社(NEC通信システム)がブロックチェーン技術を用いた、超高速次世代型ハイブリットデータベース「SmokeDB」の構想実現に向けた共同研究を2020年1月より開始したことを、1月22日プレスリリースにて発表

「SmokeDB」は、非金融系領域においてブロックチェーン導入を容易にすることを目的として、研究およびプロトタイプ開発を進めていくとのこと。

「SmokeDB(Security Mighty Operation,Kindly and Easy blockchain DataBase)」は、アーリーワークス社独自のブロックチェーン基盤「Grid Ledger System(GLS)」と汎用性の高いSQLインタフェースを採用することで、汎用型データベースとしてアプリケーションへの適応ハードルを低くし、信頼性と安定性・保守性を高めたアプリケーション開発が可能となるとのこと。

また「SmokeDB」は、データの管理を複数のサーバー相互間で情報通信を使用してを行い、ネットワークに流れる情報を持ち合うことができる。それにより、システム障害に対し耐性が高く、高いセキュリティを合わせ持つ、安定的なデータサービスの運用・提供が可能となるとのこと。

なお「SmokeDB」にて実際に開発を行った「チケットの転売防止システム」のプロトタイプの展示が、1月23日24日開催のDOCOMO Open House 2020にて行われるとのこと。

編集部のコメント

株式会社アーリーワークスは、8月にKudan株式会社の取締役である井上瑞樹氏、株式会社メルカリの社長室兼コーポレートリーガルマネージャーである齊藤友紀氏など、複数の個人投資家から総額7千万円の資金調達を行ったことを発表しています。 また同社開発のGrid Ledger System「GLS」には、「Directed Acyclic Graph (DAG)」が採用されているとのことです。


コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:antoniokhr )

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/22の話題】FTXの企業評価額が約2.8兆円へ、ビットコイン先物ETFが米国3例目の承認など(音声ニュース)

FTXが約480億円調達、設立2年で企業評価額は約2.8兆円へ、ヴァルキリーのビットコイン先物ETFが今夜取引開始へ、米国3例目の承認、テキサス州消防士年金基金、ビットコインとイーサに約28億円投資、AP通信とチェインリンク、経済やスポーツデータをブロックチェーンに記録・提供へ、FundsDLTとUBS証券ら、投資ファンド分配モデルの概念実証に成功、米NFT企業キャンディデジタル、ソフトバンクらから約114億円調達。評価額約1,700億円に、クラーケングローバル、KusamaパラチェーンのBifrost(BNC)上場へ、国内アメフト界初のクラブトークン発行「アサヒビールシルバースター」がFiNANCiEで