ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も

「ZK」エアドロップに抗議が集まる

Ethereum(イーサリアム)レイヤー2プロトコル「ZKsync(zkシンク)」の独自トークン「ZK」のエアドロップの割り当てについて、公平性や透明性に関する抗議が集まっている。

抗議を行っているのは、「ZKsync」上でNFT用のインフラを提供する「zkApes(zkエイプ)」を代表とした「zkSync」上のプロジェクトらである。

「zkApes」は、「Element(エレメント)」、「imToken(アイムトークン)」、「argent(アージェント)」、「WOOFi(ウーファイ)」、「Basmati(バスマティ)」、「Cointelegraph(コインテレグラフ)」、「PANews(PAニュース)」と共に、「ZKsync」のコミュニティ「ZK Nation(ZKネイション)」および「ZKsync」の開発を進める「Matter Labs(マターラボ)」に抗議している。

この抗議を発表するXへの投稿では、受け取ったエアドロップをすべてコミュニティに分配すると書かれており、これを支持するユーザーも多く出現している。またさらに、この論争が解決するまで「ZK」を主要な暗号資産(仮想通貨)取引所に上場させないこともXで呼びかけられている。

また「Element」は、「ZKsync」上で最大のNFTマーケットプレイスでありながらトークンが割り当てられておらず、Xにて「ZKsyncで最大のNFTマーケットプレイスであるのに、エアドロップを受け取っていないのですが、これは冗談でしょうか?」と不満をこぼしている。

「ZK」の割り当てに抗議しているのはプロジェクトだけではない。「ZKsync」が過去に行っていたNFTをミントするイベントが割り当てに考慮されていないことや、割り当てがなかったことに対する否定的な意見がユーザーによってSNSに投稿されている。

「ZKsync」はプロジェクトやユーザーに対し、エアドロップを約束していたわけではなくその割り当てについても以前から公言していたわけでもない。そのため「ZKsync」が詐欺を働いたわけではないので、この否定的な意見に対する批判も見られている。

「ZK Nation」はこの一連の動きから、フィードバックを収集しFAQページを作成したことを報告した。また割り当てに関しても再度確認を行ったうえで大きな問題がなかったことを伝えている。

関連ニュース

参考:ZKsyncポスト
images:iStocks/Yevhenii-Dubinko

関連するキーワード

#ZK

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道