Toyota Leasingがタイでブロックチェーンで債券を発行

Toyota Leasingがタイでブロックチェーンで債券を発行

トヨタのタイ子会社Toyota Leasing(トヨタリーシング)がThai Bond Market Associationのブロックチェーンプラットフォームを使用して社債を発行した初の企業となったことを「Ledger insights」が報じた債券発行が行われたのは、12月のことである。

このブロックチェーンプラットフォームは、タイの証券取引委員会(SEC)の規制サンドボックスの下で運用されていて、サポートはタイ銀行が行なっている。

トヨタのタイ子会社で車の生産を担う「TOYOTA MOTOR Thailand」とToyota Leasingが機関投資家や富裕層に5億バーツ(1640万ドル)の債券を発行した。バンコク銀行は債券の引受会社となり、アユタヤ銀行が最大の債券保有者となった。

トヨタリースのマネージングオフィサー兼CFOであるチュンカモールブーファカム氏は「ブロックチェーンが債券保有者へのリアルタイム通知により会社を支援し、取引の効率化と主要債券市場での発行プロセスの緩和をもたらす」とバンコクポストに語っている。

編集部のコメント

タイでは、企業やガバナンス向けのブロックチェーンアプリケーションを積極的に調査しています。数ヶ月前、財務省は、ブロックチェーンVATの払い戻し、政府の電子調達、国債の発行という3つのブロックチェーンプロジェクトを発表しています。

11/26にBangkok Postで、タイの消費税局が2020年にブロックチェーン基盤の石油輸出の税還付システムを導入予定であることを明らかにしています。タイは国家として、ブロックチェーンに注力していることがよくわかります。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Oleksii-Liskonih)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/6話題】ユニスワップのBNB展開にa16zが反対、Starknet Proverがオープンソース化など(音声ニュース)

ユニスワップのBNB展開、UNI大量保有のa16zが反対票投じる、米検察当局、シルバーゲートによるFTXとアラメダとの取引を調査=情報筋、スタークウェア、トランザクション証明技術「Starknet Prover」をオープンソース化、SBI DAHが国内機関投資家向けデジタルアセットカストディ提供へ、英ゾディアとJV設立で、MakerDAO、500万ドル規模の「防衛基金」立ち上げ、OpenSeaが「Drops on OpenSea」のバージョンアップへ、自称ビットコイン開発者クレイグ・ライトの25億ドル訴訟が裁判に

Sponsored