日銀がレポート「ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応」を発表

日銀がレポート「ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応」を発表

日本銀行が「ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応」と題したレポートを17日に発表した。

同レポートは、同行決済機構局の田中修一氏、菅山靖史氏によって作成された。

内容は、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題に対してのこれまで行ってきた内容と現在検討が進められている主な取り組みをまとめている。

日本銀行は「決済システムの安全性と効率性を改善していくために、新しい技術の動向やこれが決済手段に与える影響等について十分に把握しておく必要がある。欧州中央銀行との間で、分散型台帳技術に関する共同調査(「Project Stella」)に取組んでいるのも、その一例である。日本銀行としては、今後も新技術の動向や影響等について積極的に調査を行っていく方針である」と同レポートを締めくくっている。

編集部のコメント

同レポートは、ブロックチェーン技術が抱える「スケーラビリティ問題」について解説されており、その対応についても確認ができる内容になっています。
なお「スケーラビリティ問題」とは、ブロックの中に書き込める取引データの量(トランザクション)が限られていることが引き起こすことです。そのブロックチェーンの利用者が増えれば増えるほどトランザクションの処理能力が低下し、送金の遅延や送金要求も承認されない等の事態が発生する問題のことです。 

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ