日銀がレポート「ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応」を発表

日銀がレポート「ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応」を発表

日本銀行が「ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応」と題したレポートを17日に発表した。

同レポートは、同行決済機構局の田中修一氏、菅山靖史氏によって作成された。

内容は、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題に対してのこれまで行ってきた内容と現在検討が進められている主な取り組みをまとめている。

日本銀行は「決済システムの安全性と効率性を改善していくために、新しい技術の動向やこれが決済手段に与える影響等について十分に把握しておく必要がある。欧州中央銀行との間で、分散型台帳技術に関する共同調査(「Project Stella」)に取組んでいるのも、その一例である。日本銀行としては、今後も新技術の動向や影響等について積極的に調査を行っていく方針である」と同レポートを締めくくっている。

編集部のコメント

同レポートは、ブロックチェーン技術が抱える「スケーラビリティ問題」について解説されており、その対応についても確認ができる内容になっています。
なお「スケーラビリティ問題」とは、ブロックの中に書き込める取引データの量(トランザクション)が限られていることが引き起こすことです。そのブロックチェーンの利用者が増えれば増えるほどトランザクションの処理能力が低下し、送金の遅延や送金要求も承認されない等の事態が発生する問題のことです。 

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/13話題】バイナンスのLUNA現物取引ペアがBUSDのみに、BTCとETH担保で個人向け不動産ローンなど(音声ニュース)

バイナンス、大暴落テラ(LUNA)の多数の現物取引ペア廃止、BUSDのみ対応、国内初、ビットコインとイーサ担保に個人向け不動産ローン、Fintertech提供、SBIがリミックスポイントと資本業務提携、ビットポイントジャパン株式51%取得も、チェイナリシスが約220億円調達、評価額約1.1兆円に、NFTサッカーゲームの「Sorare」がMLBと提携、NFT野球ゲームリリースへ、FTX CEOサムの株取得で、米ロビンフッド株価上昇、キャッシーウッド率いるアークインベスト、米コインベース株約3.7億円分を押し目買い、三井住友銀行、ブロックチェーン活用「Carbonplace」に参画、EY、ブロックチェーンのモニタリングツール「Reconciler」の製品版リリース、OpenSea、NFTの不正コピー防止システム導入と公式バッジの仕組み更新

Sponsored