日銀がレポート「ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応」を発表

日銀がレポート「ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応」を発表

日本銀行が「ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応」と題したレポートを17日に発表した。

同レポートは、同行決済機構局の田中修一氏、菅山靖史氏によって作成された。

内容は、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題に対してのこれまで行ってきた内容と現在検討が進められている主な取り組みをまとめている。

日本銀行は「決済システムの安全性と効率性を改善していくために、新しい技術の動向やこれが決済手段に与える影響等について十分に把握しておく必要がある。欧州中央銀行との間で、分散型台帳技術に関する共同調査(「Project Stella」)に取組んでいるのも、その一例である。日本銀行としては、今後も新技術の動向や影響等について積極的に調査を行っていく方針である」と同レポートを締めくくっている。

編集部のコメント

同レポートは、ブロックチェーン技術が抱える「スケーラビリティ問題」について解説されており、その対応についても確認ができる内容になっています。
なお「スケーラビリティ問題」とは、ブロックの中に書き込める取引データの量(トランザクション)が限られていることが引き起こすことです。そのブロックチェーンの利用者が増えれば増えるほどトランザクションの処理能力が低下し、送金の遅延や送金要求も承認されない等の事態が発生する問題のことです。 

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored