カナダ当局、バイナンスにマネーロンダリング違反で438万ドルの罰金

カナダがバイナンスに罰金科す

カナダのマネーロンダリング対策当局が、マネーロンダリングおよびテロ資金供与法に違反したとして、暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)に600万カナダドル(約6.8億円)近い罰金を科したと5月9日発表した。

カナダ金融取引報告分析センター(FINTRAC)によると、バイナンスは何度か期限を過ぎたにもかかわらず、外国マネーサービス事業者として諜報機関に登録しなかったという。

さらにバイナンスは、2021年6月1日から2023年7月19日までの間に5,902回にわたり、10,000カナダドル以上相当になる暗号資産を受け取った報告をしていなかったとFINTRACは付け加えた。

なおバイナンスは昨年5月、カナダ市場からの撤退をしている。

バイナンスはロイターのコメント要請に即座に応じなかった。

今回の動きは、バイナンスの前CEOであるチャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao:CZ)氏がマネーロンダリングに対する米国法違反を認め、禁固4ヶ月の判決を受けた数週間後のことである。

バイナンスは43.2億ドル(約6,714億円)の罰金に同意し、CZ氏は刑事罰による5000万ドル(約77.8億円)の支払いの他、米国商品先物取引委員会(CFTC)に5000万ドルを支払った。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Canada fines Binance $4.38 million for money laundering violations
(Reporting by Pritam Biswas in Bengaluru; Editing by Ravi Prakash Kumar)
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored