バイナンスローンチプール、テレグラムのゲーム内通貨「Notcoin(NOT)」取扱開始へ

バイナンスローンチプールがNOT取扱開始へ

大手海外暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、同社提供の「バイナンスローンチプール(Binance Launchpool)」における暗号資産ノットコイン:Notcoin(NOT)の取り扱い開始を5月10日発表した。

ノットコインは、メッセージングアプリのテレグラム(Telegram)上で獲得できるゲーム内通貨だ。このゲーム内通貨は、テレグラム開発のオープンネットワーク(The Open Network:TON)上でエアドロップ(配布)されるコミュニティトークンNOTと交換できるとのこと。なお現在はテレグラム上でのノットコイン獲得は終了している。

「バイナンスローンチプール」ではユーザーが、BNBもしくはFDUSDを個別のプールにステーキングすることでNOTを獲得できる仕組みになっている。NOTは5月13日00:00(UTC)から3日間にわたって取り扱われるとのこと。

なお今回のNOTによる「バイナンスローンチプール」では、同トークン総供給量102,719,221,714NOTのうち3%となる3,081,576,651NOTが報酬対象になるようだ。

また同サービスでのBNBステーキングの場合、報酬総額の85%となる2,619,340,153NOTが報酬対象。FDUSDの場合は、報酬総額の15%となる462,236,497NOTが報酬対象になるという。なおユーザーに分配される報酬は、ユーザーがステーキングしたトークン数によって異なるようだ。

そしてバイナンスでは流動性条件が満たされ次第、取引所において5月16日12:00(UTC)よりNOTの取り扱いを開始するとのこと。取引ペアについてはNOT/BTC、NOT/USDT、NOT/BNB、NOT/FDUSD、NOT/TRYとなっている。

なおNOTは、バイナンスではシードタグ銘柄として取り扱われる。シードタグは他の上場しているトークンと比較して高いボラティリティとリスクの可能性を持つトークンを示すものとなる。

バイナンスローンチプールとは

「バイナンスローンチプール」は、ユーザーがBNBなどの特定のトークンを対象プロジェクトのプールにステーキングすることで、暗号資産プロジェクトが発行するネイティブトークンを獲得できるサービスだ。プロジェクト側は同プラットフォームの利用により、バイナンスにトークン上場ができる仕組みとなっている。

なおトークンセールを行うIEOプラットフォームの「バイナンスローンチパッド(Binance Launchpad)」とは異なり、トークンをステーキングすることでプロジェクトのトークンが獲得できるのが特徴だ。

「バイナンスローンチプール」に参加する為には、ユーザーはBinance.comアカウントと、0.1以上のBNBまたはプール内でサポートされているトークンが必要となっている。

なお「バイナンスローンチプール」におけるNOTの取り扱いは54番目のプロジェクトとなっており、53番目のプロジェクトは暗号資産オムニネットワーク:Omni Network(OMNI)だった。

関連ニュース

参考:バイナンス
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored