チェーンリンク、クロスチェーン相互運用プロトコル「CCIP」を一般提供開始

チェーンリンクの「CCIP」が一般提供開始

分散型オラクルネットワーク提供のChainlink(チェーンリンク)が、クロスチェーン相互運用プロトコル「CCIP(Cross-Chain Interoperability Protocol)」の正式な一般提供(GA)開始を4月24日発表した。

これにより開発者は誰でも「CCIP」を許可なく利用して、オンボードトークンのクロスチェーン転送や、別の統合ブロックチェーン上のスマートコントラクトに任意のメッセージの送信が可能になったという。また「CCIP」独自のプログラマブルトークントランスファーをサポートして、データと価値の同時送信が出来るようになったとのこと。

発表によると「CCIP」がサポートするブロックチェーンには、Arbitrum(アービトラム)、Avalanche(アバランチ)、Base(ベース)、BNB Chain(BNBチェーン)、Ethereum(イーサリアム)、Kroma(クロマ)、Optimism(オプティミズム)、Polygon(ポリゴン)、WEMIX(ウィミックス)があるという。今後も対応ブロックチェーンは増えるとのことだ。

CCIPについて

「CCIP」は、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの両方にわたってアプリケーションをリンクするように設計されたクロスチェーン相互運用プロトコルだ。Chainlinkの分散型オラクルネットワークが利用されているとのこと。

開発者は、任意メッセージングを使用して「CCIP」上に独自のクロスチェーンソリューションを構築できるだけでなく、「CCIP」は簡素化されたトークン転送も提供するという。これにより、プロトコルは制御する監査済みのトークンプールコントラクトを使用して、記述することなくチェーン間でトークンの転送を迅速に開始できるとのことだ。

同プロトコルにより、独自のブリッジソリューションを構築することなく、単一のインターフェイスからブロックチェーン間でトークン転送ができる他、ユーザーが1つのブロックチェーンに担保を預け、別のブロックチェーンで資産を借りられるようにするクロスチェーン融資アプリケーションの起動も可能になるとのこと。

また、複数のブロックチェーンにまたがるリキッド ステーキングトークンをブリッジして、他のチェーンのDeFi(分散型金融)アプリでの使用率を高めることも可能としている。さらには、ブロックチェーンに依存しないゲームエクスペリエンスを作成し、プレーヤーがよりスケーラブルなブロックチェーンでプレイしながら、より安全なブロックチェーンに高価値のアイテム保存ができるようにもなるとのこと。

その他にもプレスリリースには、NFTやデータストレージ、アカウントの抽象化についても、「CCIP」によるクロスチェーンのユースケースがあげられている。

関連ニュース

参考:チェーンリンク
images:iStocks/mouu007

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している