コインベースの米国外取引所、WIFおよびPEPEを無期限先物取引で取扱いへ

コインベースがWIF・PEPEの無期限先物を提供へ

コインベースインターナショナルエクスチェンジ(Coinbase International Exchange)およびコインベースアドバンスド(Coinbase Advanced)提供の「パーペチュアル取引(永久先物取引/無期限先物取引)」対応銘柄に、ウィフ(WIF)・ペペ(PEPE)の2銘柄が追加される予定だ。

コインベースインターナショナルエクスチェンジの公式XアカウントよりWIFは4月19日、PEPEは4月23日に発表された。

なおPEPEについては今月12日に取り扱い予定が発表されていたが、開始が延期されていた。

発表によるとWIFの取り扱いは4月25日9:30(UTC)以降に開始されるとのこと。またPEPEの取り扱いは4月23日9:30(UTC)以降に開始されるとのこと。取引ペアについてはWIF-PERP、1000PEPE-PERPとなる。

1000PEPEは1単位で1000枚のPEPEと釣り合っており、1枚当たりの価格が小さいPEPEを扱いやすくするために採用されている。

コインベースインターナショナルエクスチェンジとコインベースアドバンスドは、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が米国外で展開する取引所だ。

なお機関投資家向けのインターナショナルおよび個人投資家向けアドバンスドが提供する「パーペチュアル取引」では合計34銘柄を取り扱っている。

対象銘柄はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ソラナ(SOL)、アバランチ(AVAX)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、カルダノ(ADA)、チェーンリンク(LINK)、ドージコイン(DOGE)、ステラ(XLM)、ポリゴン(MATIC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、オプティミズム(OP)、アービトラム(ARB)、イーサリアムクラシック(ETC)、セレスティア(TIA)、インジェクティブ(INJ)、アプトス(APT)、ファイルコイン(FIL)、スイ(SUI)、インターネットコンピューター(ICP)、ポルカドット(DOT)、ニア(NEAR)、スタックス(STX)、スターク(STRK)、コスモスディーワイディーエックス(COSMOSDYDX)、ファントム(FTM)、ルーン(RUNE)、ダブリュー(W)、ブラー(BLUR)、セイ(SEI)、ユニ(UNI)、オーディ(ORDI)、ワールドコイン(WLD)だ。

「パーペチュアル取引」とは、現物と先物、CFD(差金決済取引)の特徴を併せ持つデリバティブ取引だ。従来の先物取引では契約時に決済満期日と、その日にいくらで売買するのかを決定するが、パーペチュアルには限月が無く、無期限に建玉を保持することが可能となっている。

関連ニュース

images:iStock/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資