中国保険取引所(SHI)がブロックチェーン×保険領域の標準化を目指すコンソーシアムを始動

中国保険取引所(SHI)がブロックチェーン×保険領域の標準化を目指すコンソーシアムを始動

中国がブロックチェーンを活用した保険の標準化を目指したコンソーシアムを始動したことを、「Ledgerinsight」が報じた。

このコンソーシアムは、中国銀行業保険監督管理委員会(CBIRC)の監督下にあり上海保険取引所(SHI)が主導している。この標準化は、中国人民保険会社(PICC)、チャイナライフ、チャイナタイピン、チャイナリ、チャイナパシフィック(CPIC)、およびタイカン保険を含む109の組織からの支援を受けて、行われていく。

この標準化の目的は3つある。1つ目は技術的な摩擦を減らし、セクターの業務をより効率的にすること。これには、保険会社間の協力とコンセンサスの改善も含まれる。2つ目は保険×ブロックチェーン領域に主要なアプリケーションを特定し、業界内での開発を促進すること。3つ目は標準化することで業界内の取り組みを合わせイノベーションを促進していくことだ。

そしてSHIは、標準化することでオープン、公平、安全で効率的なイノベーションが、保険領域で可能になることを期待しているとのこと。

編集部のコメント

SHIは、世界の他の保険コンソーシアムであるThe Institutes RiskStream CollaborativeB3iと同様に、コンソーシアムに参加した保険会社が相互に情報を共有できるように、基本的な保険ブロックチェーン(Insurance Exchange Chain)を構築しています。SHIが主導のコンソーシアムの特徴は、アプリケーションレイヤーに中国特有の暗号化システムが搭載されていることです。中国の新しい技術に取り組む際の特徴としてあげられるのが、標準化です。貿易金融、ブロックチェーンサービスネットワーク(BSN)のように、新しい技術を効率よく開発するために、標準化する作業がコンソーシアムに参加した企業間で政府主導のもと行われています。つまり、ドキュメンテーションを非常に重要視していることが伺えて、日本も見習うべきところではないかと、あたらしい経済編集部は考えます。


コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックが決済専門グループ「Facebook Financial」発足、Dapper LabsがNBA選手やCoinbaseなどから1200万ドル資金調達などから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足、ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達、慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足

フェイスブックが決済やコマースの機会を追求するための新しいグループ「Facebook Financial」の発足を発表したとBloombergが報じた。「Facebook Financial」はフェイスブック社内ではF2と呼ばれていて、責任者にはフェイスブックらの暗号資産(仮想通貨)プロジェクトLibra(リブラ)の責任者でもあるDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏が着任したとのことだ。このグループは「Facebook Pay」「Novi」「WhatsApp」など決済プロジェクトを担当するようだ。

慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンターとInstitution for a Global Society株式会社(IGS)が、ブロックチェーン技術を用いた個人情報の管理・活用を実現するシステム開発に関する共同研究「STAR(Secure Transmission And Recording)プロジェクト」を開始したことを8月11日発表した

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手のSpencer Dinwiddie(スペンサー・ディンウィディー)氏、 Andre Iguodala(アンドレ・イグオダラ)氏、Coinbase Venutresなどから1200万ドルの資金調達を行ったことを発表した。この資金調達の目的は独自ブロックチェーン「FLOW」開発のためとのことだ。今回の資金調達に参加したSpencer Dinwiddie氏は暗号資産に非常に明るいNBA選手。自身のシューズブランド「K8IROS」では暗号資産決済を取り入れていたり、2020年1月にはセキュリティートークン関連企業「Securitize」とデジタルトークンを発行をしたりしている。

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のBC技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル(約11億6,200万)の資金調達、中国の主要な国有商業銀行がデジタル人民元(DCEP)のウォレットアプリケーションの内部テスト開始か、日本政府がブロックチェーンでASEANの貿易基盤のデジタル化を支援

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに

ゴールドマンサックスのデジタルアセットのグローバル責任者であるMathew McDermott(マシュー・マクダーモット)氏が、同行のブロックチェーン技術へのインサイトとビジョンに関してCNBCのインタビューで語った。McDermott氏はそこでゴールドマンサックスが独自デジタル通貨発行の可能性も示した。