中国保険取引所(SHI)がブロックチェーン×保険領域の標準化を目指すコンソーシアムを始動

中国保険取引所(SHI)がブロックチェーン×保険領域の標準化を目指すコンソーシアムを始動

中国がブロックチェーンを活用した保険の標準化を目指したコンソーシアムを始動したことを、「Ledgerinsight」が報じた。

このコンソーシアムは、中国銀行業保険監督管理委員会(CBIRC)の監督下にあり上海保険取引所(SHI)が主導している。この標準化は、中国人民保険会社(PICC)、チャイナライフ、チャイナタイピン、チャイナリ、チャイナパシフィック(CPIC)、およびタイカン保険を含む109の組織からの支援を受けて、行われていく。

この標準化の目的は3つある。1つ目は技術的な摩擦を減らし、セクターの業務をより効率的にすること。これには、保険会社間の協力とコンセンサスの改善も含まれる。2つ目は保険×ブロックチェーン領域に主要なアプリケーションを特定し、業界内での開発を促進すること。3つ目は標準化することで業界内の取り組みを合わせイノベーションを促進していくことだ。

そしてSHIは、標準化することでオープン、公平、安全で効率的なイノベーションが、保険領域で可能になることを期待しているとのこと。

編集部のコメント

SHIは、世界の他の保険コンソーシアムであるThe Institutes RiskStream CollaborativeB3iと同様に、コンソーシアムに参加した保険会社が相互に情報を共有できるように、基本的な保険ブロックチェーン(Insurance Exchange Chain)を構築しています。SHIが主導のコンソーシアムの特徴は、アプリケーションレイヤーに中国特有の暗号化システムが搭載されていることです。中国の新しい技術に取り組む際の特徴としてあげられるのが、標準化です。貿易金融、ブロックチェーンサービスネットワーク(BSN)のように、新しい技術を効率よく開発するために、標準化する作業がコンソーシアムに参加した企業間で政府主導のもと行われています。つまり、ドキュメンテーションを非常に重要視していることが伺えて、日本も見習うべきところではないかと、あたらしい経済編集部は考えます。


コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合であるCordite Co-operative(コーダイト・コーポレーティブ)が、R3が開発するエンタープライズブロックチェーンソリューションのCorda上でエクスチェンジ・トークン(Exchange Token)として「XDC」を発行したことを10月20日にThe Blockが報道した。発行体のコーダイト・コーポレーティブはイギリスで初めて分散型台帳上で運営されている協同組合である。

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。

(エンジョイワークス執行役員小川広一郎氏のコメント追記)LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表

デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供するセキュリタイズ・ジャパン(Securitize Japan)と不動産・情報サイトLIFULL HOME'S等の住生活関連サービスを提供するライフル(LIFULL)が「葉山の古民家宿づくりファンド」を国内初の一般個人投資家向け不動産セキュリティートークンオファリング(Security Token Offering:STO)として実施することを発表した。