シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達

シバイヌが約19億円を調達

ミームコイン「シバイヌ:Shiba Inu(SHIB)」の開発者コミュニティが、1200万ドル(約18.6億円)の資金調達の実施を4月22日発表した。

発表によると調達先は、米国以外のベンチャーキャピタル(VC)の戦略的パートナーだという。

なお今回「シバイヌ」コミュニティは、パナマ法人のThe Shiba Inu Mintを通じて資金調達を行ったとのこと。調達にあたっては同コミュニティがリリース予定の新たなブロックチェーンのユーティリティおよびガバナンスのトークン「TREAT」を投資家へ販売したとのこと。

今回「シバイヌ」へ出資したのは、ポリゴンベンチャーズ(Polygon Ventures)やメカニズムキャピタル(Mechanism Capital)、ビッグブレインホールディングス(Big Brain Holdings)、シマキャピタル(Shima Capital)、アニモカブランズ(Animoca Brands)、モーニングスターベンチャーズ(Morningstar Ventures)、ウッドストックファンド(Woodstock Fund)、DWFベンチャーズ(DWF Ventures)、ステイクキャピタル(Stake Capital)、コマ3ベンチャーズ(Comma 3 Ventures)などの投資家だ。

なお「シバイヌ」から新たにリリースされるブロックチェーンは、完全準同型暗号(FHE)を採用したものだという。同技術を用いたブロックチェーンは、今後拡大する「シバイヌ」コミュニティにおけるプライバシーや信頼など、業界における複数の問題の解決を目的としているとのこと。なお同技術は「シバイヌ」コミュニティが2月に提携開始したザマ(Zama)より提供されているとのこと。

ちなみに他社の報道によると同ブロックチェーンは、「シバイヌ」コミュニティが開発したイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューション「シバリアム(Shibarium)」上に構築されるレイヤー3チェーンになると、同チェーン開発者のシャトシ・クサマ(Shytoshi Kusama)氏が述べているとのことだ。

関連ニュース

参考:シバイヌ
images:iStock/Seregraff

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資