機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入

USDYがコスモスに導入

機関投資家向けDeFi(分散型金融)プロトコル「オンドファイナンス(Ondo Finance)」が、同社発行のステーブルコイン「USDY」をコスモス(Cosmos)エコシステムへ導入することを4月18日発表した。

これによりコスモスエコシステム内の90以上のブロックチェーンに「USDY」が導入され、様々なアプリケーションにおける取引や貯蓄、支払い、担保などで「USDY」が活用されるとのこと。

なお「USDY」は銀行預金と米国短期国債を裏付け資産とするRWA(リアルワールドアセット)型のステーブルコインだ。イーサリアム(Ethereum)・マントルネットワーク(Mantle Network)・ソラナ(Solana)・スイ(Sui)・アプトス(Aptos)と統合している。

また今回のコスモスエコシステムへの「USDY」導入は、トークン発行プロトコル「ノーブル(Noble)」を介して行われるとのこと。

ノーブルは、コスモス及びコスモスネットワークのコアコンポーネントとして実装されている「IBC(ブロックチェーン間通信プロトコル)」採用のアプリケーションチェーンである。ブロックチェーンのエコシステム内でのネイティブアセットを発行する為に構築された。

オンドファイナンスについて

オンドファイナンス(Ondo Finance)は、米国拠点のフィンテック企業。2021年に投資銀行ゴールドマンサックス出身のネイサン・オールマン氏が創業した。同社投資家には、ピーター・ティール(Peter Thiel)氏のファウンダーズファンド(Founders Fund)やパンテラキャピタル(Pantera)、コインベース(Coinbase)がいる。

またオンドファイナンスは1月22日、アジア太平洋地域(APAC)への進出を発表している。

現在オンドファイナンスでは、前述のステーブルコイン「USDY」と、米ブラックロック(BlackRock)の「iシェアーズ米国短期国債ETF(iShares Short Treasury Bond ETF)」を大部分に組み込む短期米国債をトークン化した「OUSG」を提供している。なおこれらは米国向けには提供されていない。

なお「OUSD」は、イーサリアム・ソラナ・ポリゴン(Plygon)上で利用可能だ。

関連ニュース

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資