米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ

クラーケンがXMRを上場廃止へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、アイルランドとベルギーにおけるモネロ:Monero(XMR)の上場廃止を4月10日発表した。

クラーケンは今年6月10日に、アイルランドとベルギーのユーザーを対象にXMRの取り扱い終了および出金を停止するとのこと。なおこの時点でユーザーが保有している残高のXMRは自動的にBTCへ変換されるという。

また全ての証拠金ポジションは今年5月10日までに決済する必要があり、この日までに決済されていない場合はこれらのポジションが自動決済されるとのことだ。

XMRは、ゼロ知識証明などの技術を活用することで送金の追跡を難しくする仕組みが組み込まれたトークンとされる「プライバシーコイン」だ。「プライバシーコイン」は一昨年11月EUにて、マネーロンダリングへの利用を懸念して「プライバシーコインを禁止する可能性のあるとされる新たな規制」の導入が検討されていた。

大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)でもベルギーやフランス、イタリア、スペイン、ポーランドにおいてXMRの取引を停止している。

関連ニュース

参考:クラーケン

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資