米クラーケン、機関投資家向け新ブランド「Kraken Institutional」ローンチへ

今年中に提供開始

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、機関投資家向けの新ブランド「クラーケン・インスティチューショナル(Kraken Institutional)」を立ち上げたと2月27日発表した。

「クラーケン・インスティチューショナル」は、クラーケンの既存商品であるスポット取引、OTC取引、ステーキングやサービスと、機関投資家向けに特別な調整を施した暗号資産取引、投資、保管サービスをまとめて提供するブランドだという。対象となるのは機関投資家、資産運用会社、ヘッジファンド、富裕層個人だ。

同ブランドでは高い信頼性とスケーラビリティ、統合しやすいソリューションが提供されるとのこと。また、同ブランドは最先端のサイバーセキュリティで保護されており、優れた実績を持つアカウント管理チームがサポートするとクラーケンは伝えている。

「クラーケン・インスティチューショナル」は今年中に提供開始となる予定で、サービス群には認可されたカストディソリューションなどが含まれるようだ。

クラーケンは現在、米証券取引委員会(SEC)と規制上の課題で係争中だが、創業以来、一貫してデジタル資産に関するルールを支持してきたと主張している。

昨年11月にSECより2つの事業体が告発された際には、同訴訟がクラーケンが提供する商品与える影響はなく、サービス提供を続けると発表していた。

また昨年12月には大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)と同社傘下のコインベースアセットマネジメント(Coinbase Asset Management)が、機関投資家向けプラットフォーム「プロジェクト・ダイヤモンド(Project Diamond)」を発表していた。

関連ニュース

参考:発表ブログ
images:iStocks/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ