バイナンスにSolana上のNFTマーケットプレイスの「Tensor(TNSR)」 上場、エアドロにあわせ

バイナンスにTNSR上場

大手海外暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、暗号資産テンソル:Tensor(TNSR)の取り扱いを開始した。

同銘柄は4月8日15:30(UTC)よりバイナンスの現物取引にて取り扱いを開始している。

取り扱いペアはTNSR/BTC、TNSR/USDT、TNSR/FDUSD、TNSR/TRYだ。

入金は既に開始している。出金については9日15:30(UTC)より開始する予定とのこと。

なおバイナンスで取り扱うTNSRは、ソラナ(Solana)ネットワーク上のSPLトークンとのことだ。

またTNSRは、バイナンスではシードタグ銘柄として取り扱われる。シードタグは他の上場しているトークンと比較して高いボラティリティとリスクの可能性を持つトークンを示すものとなる。

シードタグ適用のトークンを取引するには、バイナンススポットまたはバイナンスマージンプラットフォームにて90日ごとに出題されるクイズに合格し、利用規約に同意する必要があるとのことだ。

TNSRは、ソラナ上に構築されたNFTマーケットプレイス「テンソル」の独自トークンだ。4月8日15:00(UTC)にトークンローンチによるエアドロップ請求が開始していた。

なおTNSRトークンローンチにあたり、バイナンス以外にもコインベース(Coinbase)やオーケーエックス(OKX)、バックパック(BackPack)などの海外取引所もTNSRの取り扱いを開始している。

関連ニュース

参考:バイナンス
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/21話題】デジタルカーボンクレジット決済に「JPYC」活用の検討、英判事がクレイグライトは嘘ついたと指摘など

デジタルカーボンクレジット決済に「JPYC」活用の検討開始、三菱UFJ信託・プログマ・KlimaDAO JP・オプテージら、自称ビットコイン発明者クレイグライト、主張裏付けのため繰り返し嘘をついたと英国判事が指摘、国内初、バイナンスジャパンに「サイバーコネクト(CYBER)」上場へ、国内3例目のマスクネットワーク(MASK)も、Gala Gamesがセキュリティインシデント報告、50億GALAが不正発行、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、渋谷区と提携し小委員会設立へ、トレント大教授、ブロックチェーンの耐量子暗号システムへの移行の必要性を指摘、ミームコイン作成・取引の「Pump. Fun」元従業員逮捕、約125億円の損失被害後