中国資産運用会社の香港子会社が「ビットコイン現物ETF」申請

南方基金らもビットコイン現物ETF申請進める

中国大手資産運用会社ハーベストファンド香港(Harvest Fund)が、現物ビットコインETFの提供について規制当局に申請したようだ。現地メディア証券時報が4月8日報じている。

報道によればハーベストファンドの他、中国最大手の資産管理会社の南方基金などがビットコイン現物ETFの申請を行っているという。

ハーベストファンドの関係者の話によれば、同社は現在、香港証券先物委員会(SFC)の承認を待っている段階だという。

同社がビットコイン現物ETFの申請書を提出したことは、今年1月に報じられていた。

また南方基金はすでに香港でビットコイン先物ETFとイーサリアム先物ETFを提供しており、現在ビットコイン現物ETFの提供に向けて歩みを進めている状況だ。

アジアの暗号資産ハブを目指す香港は昨年12月、暗号資産現物ETFを受け入れる準備が整ったことを表明している。

なお香港では現在、先物ベースの暗号資産ETFが認められている。「CSOPビットコインフューチャーズETF(CSOP Bitcoin Futures ETF)」と「CSOPイーサフューチャーズETF(CSOP Ether Futures ETF)」、そして「サムスンビットコインフューチャーズ(Samsung Bitcoin Futures)」の3銘柄が上場している。

関連ニュース

参考:証券時報
images:iStocks/Alex-Sholom・LongQuattro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ