拘束されたバイナンス幹部、ナイジェリアの税金問題とマネーロンダリング容疑で法廷へ

ナイジェリアで拘束されたバイナンス幹部が法廷へ

ナイジェリアで拘束された、世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)の幹部2人のうちの1人が、脱税およびマネーロンダリングの容疑で4月4日にナイジェリアの首都アブジャの裁判所に出廷した。

バイナンスおよび、幹部の2人である米国籍でバイナンスの金融犯罪コンプライアンス責任者であるティグラン・ガンバリヤン(Tigran Gambaryan)氏とアフリカ地域マネージャーである英国系ケニア人のナディーム・アンジャワラ(Nadeem Anjarwalla)氏は、4件の脱税と3500万ドル以上の資金洗浄の罪で起訴された。

ガンバリヤン氏とアンジャワラ氏は2月26日、ナイジェリアに到着した際に同国でのバイナンスの活動に関する犯罪捜査に関連して拘束された。しかしアンジャワラ氏は拘束を逃れ国外に逃亡している。

ガンバリヤン氏は出廷の際に拘束後初めて罪状を告げられたが、求刑には応じなかった。同氏は4月8日と19日にそれぞれマネーロンダリングと税金の容疑で正式に法廷に呼ばれ、その際に求刑が行われるとのことだ。

バイナンス自体はナイジェリアの経済・金融犯罪委員会(EFCC)からは起訴されていないため、同委員会はガンバリヤン氏がバイナンスの代理人として起訴される可能性があると主張している。

ガンバリヤン氏の弁護士チュクウカ・イクアゾム(Chukwuka Ikuazom)氏は、「彼は(バイナンスの)取締役でもパートナーでも会社秘書でもない」と反論し、バイナンスから代理人として告発に応じるよう文書で指示を受けていないと述べた。

またイクアゾム弁護士は、バイナンスとガンバリヤン氏は共同で起訴されているため、ナイジェリアの法律に従い、この事件の第一被告であるバイナンスが送達を受けるまで、自分は答弁に立つことはできないと主張した。

なおバイナンスは法廷に代理人として出廷しておらずコメントもないが、ナイジェリア政府との協議が続いている間は、会社で意思決定権を持たないガンバリヤン氏に責任を問わないよう謹んで要請したと4月3日に述べている。

ガンバリヤン氏はナイジェリアの裁判所に釈放を求めているとのことだ。

ナイジェリアは、慢性的なドル不足に悩んでおり、暗号資産取引サイトがナイジェリアの通貨であるナイラを取引するプラットフォームとして選ばれるようになった後、バイナンスを通貨難の原因として非難していた。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Detained Binance executive in court on Nigerian tax, money laundry charges
(Reporting by Camillus Eboh; Writing by Elisha Bala-Gbogbo; Editing by Tomasz Janowski)

翻訳:田村聖次(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した