ビットコインキャッシュ(BCH)が2度目の半減期に到達

BCHが半減期に到達

ビットコイン(BTC)から派生した暗号資産(仮想通貨)ビットコインキャッシュ(BCH)が、2度目の半減期を4月4日午前7時45分(UTC:3日22時45分)に迎えたことが確認された。

ビットコインキャッシュはブロック高840,000にて半減が実行され、これによりブロック報酬は6.25BCHから3.125BCHに減少した。

なおビットコインキャッシュでは派生元のビットコインと同様に、210,000ブロックごとに半減期を迎えるようプログラムされている。

またビットコインキャッシュは半減期の直前4日6時頃に日本円で約8.5万円だったが、半減期を迎える段階で上昇し現在は約9.6万円となっている(2024/4/ 4 15:40コインマーケットキャップ調べ)。

ビットコインキャッシュは、ビットコインのブロックサイズを1MBから8MBに変更する為、2017年8月1日にビットコインからハードフォークする形で誕生した暗号資産。なお前回の半減期は2020年4月8日午後10時頃で、マイニング報酬は12.5BCHから6.25BCHに半減した。

ちなみに次回のビットコインの半減期は420日ごろに発生する見込みだ。

関連ニュース

参考:BCHブロックエクスプローラー
images:iStocks/ivanmollov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored