テザー社が8888BTCを追加購入、総保有額は50億ドル相当に

テザー社がBTCを追加購入

米ドルステーブルコイン「USDT」発行のテザー(Tether)社が、ビットコイン(BTC)の追加購入を行った。テザー社のものとされるアドレスを確認したところ、3月31日17:21(UTC)頃に8,888.88888888BTCが送信されている。

これによりテザー社のBTC総保有数は、75,354.08889867BTCとなった。なお記事執筆時点(4月2日14:00)でその価格は約50.3億ドル(約7,634億円)である。

なお前回テザー社が同アドレスにて多額のBTCを受信したのは、昨年の12月31日。この際の数量も8,888.88888888BTCだった。

ちなみにBitinfocharts(ビットインフォチャーツ)のデータによるとこの数字は、全ビットコインアドレスの中で7番目のBTC保有量になる。なお第1位は海外大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のコールドウォレットが保有する248,597BTCである。また公開企業として最もBTCを保有する米マイクロストラテジー(MicroStrategy)は214,246BTCを保有している。

テザー社は昨年5月、利益の一部をBTC投資に充てることを発表。純利益の最大15%をビットコインの購入に充当する予定だと述べていた。

なお同社は、保有BTCをカストディアンなどの第三者機関に保管を委託せず、すべて自社で保管すると伝えていた。

関連ニュース

参考:テザーアドレス
images:iStocks/your_photo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ