MetamaskがGooglePlayAppStoreでDL不可に、トーラスがETHをGoogleアカウントなどで送受信可能に、SSEが「ブロックチェーン50インデックス」を提供開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

MetamaskがGoogle Play App Storeでダウンロード不可に

・MetamaskのアプリがGoogle Play App Storeでダウンロード不可状態になっていることが、Metamaskの公式ツイートによって明らかになった

・Googleが共有している規約によると、仮想通貨アプリに関して、端末上で仮想通貨をマイニングするアプリは認められない。仮想通貨のマイニングをリモート管理するアプリは認められるということになっている

・MetamaskはGoogleに対して、異議を申し立てたが、認められなかったとのこと

トーラスがETHをGoogleアカウントなどで送受信可能に

・秘密鍵の分散管理ソリューションを提供するTorusが、自社の提供する「Torus Wallet」において、Googleアカウントなどを利用してイーサリアム(ETH)の送金を可能にするシステム「name resolver」を発表

・「name resolver」はウォレットのアドレスとGoogleアカウントなどを紐づけるシステムで、アカウントを紐づけている「Torus Wallet」のユーザー同士であれば、アカウント情報のみでETHの送受信が可能になる

・使用できるアカウントは、Googleアカウントの他、SNS「Reddit」のユーザーネーム、Discord IDなどが利用できるとのこと

・またETHだけでなく、ERC20、ERC721トークンについても送受信ができるとのこと

深セン証券取引所(SSE)が「ブロックチェーン50インデックス」を提供開始

・中国の深セン証券取引所(SSE)が、ブロックチェーン関連企業50社からなるインデックス「ブロックチェーン50インデックス」を12月24日から提供開始したことが明らかになった

・「ブロックチェーン50インデックス」は、深セン証券取引所に上場しているブロックチェーン業界50社の株式に基づきインデックスされる

・インデックスされる上位50銘柄は、過去6か月間、1日の平均市場価値に基づいてランク付けされ、年に2回更新され、更新予定日は、6月と12月の第2金曜日となっている

・インデックスされる上場企業としては、、Ping An Bank、S.F.ホールディング、ビジュアルチャイナグループ、ミデアグループなどが挙げられる

バイナンスでVISAカードを使って直接仮想通貨の購入が可能に

・仮想通貨取引所バイナンスが、同取引所のアカウントとVISAカードを連携することで、直接仮想通貨を購入できるようになったことを発表

・プレスリリースによると、このサービスによってビットコイン(BTC)、バイナンスコイン(BNB)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)が直接購入ができるようになった

・同サービスは、欧州経済地域(EEA)31ヵ国に居住するユーザーのみ対象とのこと

・またMasterカードでの対応と対象通貨の追加は近日中に行われるとのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock,Godruma)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合であるCordite Co-operative(コーダイト・コーポレーティブ)が、R3が開発するエンタープライズブロックチェーンソリューションのCorda上でエクスチェンジ・トークン(Exchange Token)として「XDC」を発行したことを10月20日にThe Blockが報道した。発行体のコーダイト・コーポレーティブはイギリスで初めて分散型台帳上で運営されている協同組合である。

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。

(エンジョイワークス執行役員小川広一郎氏のコメント追記)LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表

デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供するセキュリタイズ・ジャパン(Securitize Japan)と不動産・情報サイトLIFULL HOME'S等の住生活関連サービスを提供するライフル(LIFULL)が「葉山の古民家宿づくりファンド」を国内初の一般個人投資家向け不動産セキュリティートークンオファリング(Security Token Offering:STO)として実施することを発表した。