BitwiseとFidelity、SECへ「現物イーサリアムETF」申請

承認可否判断が続く中で

米暗号資産運用会社ビットワイズ(Bitwise)が、米証券取引委員会(SEC)へ現物イーサリアム(ETH)ETF(上場投資信託)を3月28日申請した。

申請されたのは「ビットワイズイーサリアムETF(Bitwise Ethereum ETF)」。

申請書類のフォームS-1によれば、「ビットワイズイーサリアムETF」は「イーサリアムネットワークのPoS検証メカニズムに参加せず(すなわち、同ETFはそのETHを「ステーク」しない)、追加のETHを獲得したり、その保有するETHから収入を得る他の手段を模索することはない」という。

なお米大手資産運用会社フィデリティ(Fidelity)も3月27日、SECに対し現物イーサリアムETFをフォームS-1にて申請している。

フィデリティ申請の同ETFは、フィデリティにて保有する現物ETHの一部をステーキングし、報酬を投資家に分配する形式だ。

なお、フィデリティは別の申請にて、ステーキングしない場合のETFもSECに申請している。

SECは現在、複数の現物イーサリアムETFの申請についての承認可否判断を延期している状況だ。

これまでSECは、フィデリティ申請の現物イーサリアムETFの可否判断を1月18日に延期、米資産運用企業のインベスコ(Invesco)申請の現物イーサリアムETF「インベスコギャラクシーイーサリアムETF(Invesco Galaxy Ethereum ETF)」の承認判断を2月6日に延期、グレースケール・インベストメンツのイーサリアム現物ETF転換申請について3月22日に3度目の延期を発表した。また3月4日には米資産運用会社ブラックロック(BlackRock)の「iシェアーズ・イーサリアム・トラスト(iShares Ethereum Trust)」の上場申請について2度目の判断延期を行っている。

承認可否に関する次の動きは多くの申請の最終期限となる5月になるが、SECの最近の動きを見ていると現物イーサリアムETFが承認される見通しは暗そうだ。

3月21日には、SECがイーサリアム財団の複数の関連企業に対し、イーサリアム財団との取引に関する文書や財務記録の提出を求める召喚状を送っていたことが報じられた。

報道によればSECは、イーサリアムブロックチェーンが2022年9月に「プルーフ・オブ・ステーク」にガバナンスモデルを変更したことを理由に、イーサリアムを証券として定義しようとしているとのことだった。

関連ニュース

参考:ビットワイズ申請書フィデリティ申請書
images:iStock/NKTN

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道