マークアンドリーセンとGalaxy Digital、1kxのクリプトファンドに出資=報道

マークアンドリーセンとGalaxy Digital、1kxのクリプトファンドに出資

大手ベンチャーキャピタル(VC)アンドリーセンホロウィッツ(a16z)の共同創業者マーク・アンドリーセン(Marc Andreessen)氏が、暗号資産(仮想通貨)運用企業ギャラクシーデジタル(Galaxy Digital)らと共に、暗号資産(仮想通貨)系VCの1kx(ワンケーエックス)による最新のファンドに投資家として参加したようだ。

1kxの創設パートナーであるラッセ・クラウセン(Lasse Clausen)氏にインタビューした内容としてブルームバーグが3月28日報じた。

この最新ファンドは、消費者向けのDapps(分散型アプリケーション)に注力したものになるという。クラウセン氏によるとこの最新ファンドは7,500万ドルを調達できているとのこと。

また同ファンドからは既に5件の投資が行われているというが、具体的な投資先の社名については明かされなかったとこと。

なおこのファンドには、VCのアコレード・パートナーズ(Accolade Partners)とa16zのパートナーであるクリス・ディクソン(Chris Dixon)氏も参加しているとのことだ。

1kxのポートフォリオには、NFTマーケットプレイスのラリブル(Rarible)やメタバースプラットフォームのザ・サンドボックス(The Sandbox)が含まれているとのことだ。

関連ニュース

参考:ブルームバーグ
images:iStocks/Aramyan・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道