トークン化ダイヤモンドへの投資が可能に、Oasis ProとAvalanche活用でDiamond Standardがファンド通じて

トークン化資産にダイヤモンドが参加

ダイヤモンド・スタンダード(Diamond Standard)とホライゾン・キネティクス(Horizon Kinetics)が出資するダイヤモンド・スタンダード・ファンド(Diamond Standard Fund)へ投資するトークンが、アバランチ(Avalanche)のCチェーンを通じて、米証券取引委員会(SEC)認可の暗号資産証券取引プラットフォームであるオアシス・プロ・マーケット(Oasis Pro Market)に上場した。アバランチが3月27日発表している。

今回の動きは、昨今業界で注目が集まっているリアルワールドアセット(RWA)のトークン化に追随するものであり、トークン化される資産にダイヤモンドが加わった格好となった。

ダイヤモンド・スタンダードの創設者兼CEOコーマック・キニー(Cormac Kinney)氏は、「ダイヤモンド・スタンダードとオアシス・プロは、歴史上初めて、約1兆2000億ドルの天然資源を、より便利かつ取引可能なファンドを通じて投資家が利用しやすいものにしようとしている」とし、「私たちの商品(コモディティ)はブロックチェーンによって実現されており、このデジタル証券はその透明性と効率性を維持している」と述べている。

ダイヤモンド・スタンダード・ファンドはブルームバーグ(Bloomberg)のダイヤモンド・スタンダード・インデックス(DIAMINDX)をベンチマークとしており、年金基金や基金などが利用できるものになっており、また投資が米国退職年金制度(IRA)適格となっているという。

また同ファンドは、ファンド管理者としてNAVファンドアドミッショングループ(NAV Fund Administration Group)を採用しており、ERC-3643トークン標準に準拠しているとのことだ。

直近のRWAのトークン化の動きでいうと、HSBCが、香港の個人投資家向けに金のトークン化商品を販売することを3月27日に発表している。

関連ニュース

参考:アバランチ
images:iStock/Vdant

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない