香港SFC、バイビットを警戒リストに掲載。無認可運営で

バイビットが香港で警告受ける

香港証券先物取引委員会(SFC)が、海外暗号資産(仮想通貨)取引所バイビット(Bybit)について無認可の仮想資産取引プラットフォーム(VATP)であるとして、同地区一般市民に警告を発した。SFCが3月14日発表した。

またSFCは同日、バイビットを疑わしいVATP警告リストに掲載。そして同社の暗号資産関連商品について疑わしい投資商品警戒リストに掲載をしたとのことだ。

なおバイビットが提供する暗号資産関連商品として、先物・オプション取引やレバレッジトークン、流動性マイニング、ステーキング、レンディング等がある。

SFCは、バイビットグループのいかなる事業体も、香港で規制対象活動を行うライセンスを取得していないとし、SFCにも登録がされていないと説明をしている。

またSFCの許可なく香港の一般市民に対して、上記該当商品に関する広告等を発行することも違反になるとした。違反した場合は起訴される可能性もあり、有罪判決を受けた場合は刑事罰の対象となることも警告されている。

バイビットは今年1月、スパークフィンテックリミテッド(Spark Fintech Limited )の名称の法人名義にて「暗号資産プラットフォーム」運営の申請をSFCへしている。

なおこのライセンスは、香港において個人投資家向けに暗号資産取引所のサービスを提供できるもので、現在はHashKey Exchange(ハッシュキーエクスチェンジ)とOSLデジタルセキュリティーズ(OSL Digital Securities)の2社のみが認可を受けている状況だ。

SFCのウェブサイトを確認すると同ライセンスの申請リストには、現在バイビットを含めた24社が記載されている。

関連ニュース

参考:SFCSFCリスト
images:iStocks/Alex-Sholom

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored