グレイスケールが「暗号資産ステーキング投資信託」提供開始、純資産220万ドル以上の投資家対象に

暗号資産ステーキング投資信託提供開始

暗号資産(仮想通貨)運用会社のグレースケール(Grayscale)が、新たな暗号資産(仮想通貨)投資信託商品の提供を開始したと3月6日発表した。

グレースケールが発表した商品は「グレースケール・ダイナミック・インカム・ファンド(Grayscale Dynamic Income Fund :GDIF)」。同商品では、投資銘柄をステーキングし、その報酬を4半期ごとに「GDIF」保有者に分配する。

なお「GDIF」の投資銘柄はソラナ(SOL)、アプトス(Aptos)、セレスティア(Celestia)、コインベースステークドイーサ(Coinbase Staked ETH)、コスモス(Cosmos)、ニア(Near)、オズモシス(Osmosis)、ポルカドット(Polkadot)、セイ(SEI)の9つだ。

なお「GDIF」は、運用資産額が110万ドル(約1.6億円)以上、または純資産が220万ドル(約3.2億円)以上の適格投資家にのみサービス提供される。

グレースケールのCEOであるマイケル・ソネシャイン(Michael Sonnenshein)氏は「当社初のアクティブ運用ファンドであるGDIFは、当社の商品群の重要な拡大であり、投資家は単一の投資ビークルの利便性と慣れ親しみやすさにより、マルチアセット・ステーキングに参加できる」と述べている。

なおグレースケールは、現物ビットコインETF「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を提供している。同社は現在、米証券取引委員会(SEC)に対し、この「GBTC」のオプションを認めるよう働きかけている。

オプションは、株式や上場商品などの資産を、設定された日付までにあらかじめ決められた価格で売買する「権利」を保有者に与える上場(市場)デリバティブ。トレーダーにとっては購買力を増幅させる安価な手段であり、機関投資家にとってはリスクヘッジに利用されることが多い。

またグレイスケールは現在、同社提供の現物イーサリアムの投資信託を「グレイースケール・イーサリアム・トラスト(ETHE)」ETFへ転換することをSECに申請中だ。

なおSECは、同投資信託のETF転換の承認可否をこれまでに2度延期している。

関連ニュース

参考:グレースケール
images:iStock/eugenesergeev・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している