バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ

4月3日(UTC)にサポート終了

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、BNB(BNB)に連動するレバレッジトークンのサポート終了予定を2月19日発表した。

これによりバイナンスは、すべてのレバレッジトークンを廃止することとなる。

発表によれば、バイナンスはバイナンスレバレッジトークン(BLVT)のサポートを4月3日6:00(UTC)に停止するという。

なおBLVTは、バスケット型のバイナンスのパーペチュアル取引契約のポジションを表し短期取引用に設計されたトークンのカテゴリーだ。

影響を受けるレバレッジトークンの通貨ペアは、BNBUP/USDT、BNBDOWN/USDT、ETHUP/USDT、ETHDOWN/USDT、BTCUP/USDT、BTCDOWN/USDTの6ぺアだ。

バイナンスは、前述のレバレッジトークンペアの取引とサブスクリプションサービスを2月28日6:00(UTC)に停止するため、それらレバレッジトークンのすべての取引注文は自動的に削除され、ユーザーは発注することができなくなる。

そのためバイナンスはユーザーに対し、設定された期限前に保有するレバレッジトークンを他の資産に交換するよう促している。

サポート停止後バイナンスは、順次トークンの上場廃止と償還を停止する予定だ。

具体的には、BNBUP/USDTとBNBDOWN/USDTが4月1日6:00(UTC)、ETHUP/USDTとETHDOWN/USDTが4月2日6:00(UTC)、BTCUP/USDTとBTCDOWN/USDTが4月3日6:00(UTC)に上場廃止と償還停止となる。

ユーザーはこれらのレバレッジトークンを保有している場合、それぞれの上場廃止時刻までにウォレット機能またはBLVTページを通じてBLVTを償還することができる。

しかし期限までに償還されない場合、バイナンスはトークンを上場廃止日の価値に基づいてUSDTに変換し、24時間以内にユーザーアカウントに配布し、レバレッジトークンをユーザーのウォレットから削除するとのことだ。

関連ニュース

参考:発表
images:iStock/Robert-Way

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ