PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開

PBADAO、暗号屋、幻冬舎が「TRI」発足

PBADAO(パバダオ)、暗号屋、幻冬舎の3社が、ブロックチェーンの社会実装に向け実証実験を行うプロジェクトチーム『ブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」』発足を2月22日発表した。

PBADAOは、NFCを活用したWeb3総合ソリューション「pokke」などの事業を展開する企業。また暗号屋はVWBLやChojaなどの自社開発プロダクトを用いた事業を展開しブロックチェーン技術の社会実装を推進する企業。そして幻冬舎ではブロックチェーン/暗号資産の専門メディア「あたらしい経済(本メディア)」の運営を行っている。

「TRI」は、各社の実証実験から得られるデータや洞察をレポートにし、広く世の中に共有するプロジェクトとして開始する。ブロックチェーン技術の未来と業界の現実と向き合い、さまざまな領域で仮説を立て、実証実験を行なっていく。それらの活動を通じ、検証レポートを公開していくとのこと。

またこれらのレポートや付随するプロジェクト活動を通じ、現状よりも多くの企業や自治体が積極的にブロックチェーン領域への事業参入する一助となればと考えているという。

「TRI」の活動を通じ、社会実装のためのベストプラクティスを世界に向けて発信していくことを目指すとのことだ。

「TRI」では今回の発表に合わせ、「Learning Ecosystem」子供向けweb3学習プロジェクトにて夏期講習修了NFTを付与する実証実験(TRIレポート Vol.1)を公開している。

なおプロジェクトの今後の活動内容など詳細については、公式ウェブサイトまで。

関連リンク

関連ニュース

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ