米フランクリン・テンプルトンが「現物イーサリアムETF」申請

フランクリン・テンプルトンが現物イーサリアムETFを申請

米資産運用大手フランクリン・テンプルトン(Franklin Templeton)が、現物イーサリアム(Ethereum)の上場投資信託(ETF)を正式に申請したと2月12日発表した。

米証券取引委員会(SEC)は今年1月、現物ビットコインETFを11銘柄承認した。

フランクリン・テンプルトンの申請を受け、現物イーサリアムETFの提供を目指すのは8社となった。8社はいずれも1月に現物ビットコインETFの提供を始めた。

SECは1月、イーサリアム信託商品を現物ETFに転換するグレースケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)の申請に関する決定を延期した。フィデリティ(Fidelity)とブラックロック(BlackRock)も現物イーサリアムETFを申請したが、当局は決定を延期。また2月には、インベスコ(Invesco)が申請した同様の商品についても承認判断が延期されている。

現物イーサリアムETFを最初に申請したのはヴァンエック(VanEck)で、SECは5月23日までに承認の是非を判断する必要がある。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
米フランクリン・テンプルトン、イーサリアム現物ETFを申請
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored