クロスチェーンプロトコル「Wormhole」、独自トークン「W」のトークノミクス計画発表

ワームホールがWのトークノミクス計画発表

クロスチェーンプロトコル「ワームホール(Wormhole)」が、独自トークン「W」のトークノミクスについて2月8日発表した。

発表によると「W」の最大供給量は100億Wで、そのうち82%はロックされており4年間にわたってロック解除されるとのこと。そして残りの18%(18億W)は初期供給量として、トークン生成イベントにてロック解除されるとのこと。

100億Wの割り当て先については、ガーディアンノード:5.1%(510,000,000W)、コミュニティ及びローンチ:17%(1,700,000,000W)、コアインキュベーター:12%(1,200,000,000W)、エコシステム及びインキュベーション:31%(3,100,000,000W)、戦略的ネットワーク参加者:11.6%(1,160,000,000W)、ワームホール財団の準備金:23.3%(2,330,000,000W)となっている。

そして、これらの割り当て先の中で初期供給量を含むのは、コミュニティ及びローンチ、エコシステム及びインキュベーション、ワームホール財団の準備金とのこと。

初期供給量18%の具体的な内訳として、まずコミュニティ及びローンチでは、割り当てられる17%のうち11%(11億W)がトークン生成イベント(TGE)にてロック解除され、残りの6%(6億W)はトークン生成イベントの4ヶ月後にロック解除されるとのこと。

次にエコシステム及びインキュベーションでは、31%のうち5%(5億W)がトークン生成イベントにてロック解除され、残りの26%(約26億W)については後にロック解除されるという。そしてワームホール財団では、準備金に割り当てられる23.3%のうち2%(2億W)がトークン生成イベントにてロック解除され、残りの21.3%については後にロック解除されるとのことだ。

なお「W」は、イーサリアムのトークン規格であるERC-20規格とソラナのトークン規格であるSPL規格に対応しているとのこと。

また現在のところ「W」のエアドロップ日程などに関する詳細な情報は明かされていない。

ワームホールとは

「ワームホール」は主にソラナ(Solana)とイーサリアム(Ethereum)のトークンなどを交換する為に利用されているクロスチェーンプロトコル。

昨年11月には約331億円(2億2,500万ドル)の資金調達を発表し、評価額約3,676億円(25億ドル)にて資金調達ラウンドは終了している。

そして同年6月には、大手DEX(分散型取引所)ユニスワップ(Uniswap)のクロスチェーン展開を進める為のブリッジングプロトコルとして、ユニスワップの開発をサポートするユニスワップ財団(Uniswap Foundation)のブリッジ評価委員会(Uniswap Bridge Assessment Committee)によって、同じくブリッジングプロトコルである「アクセラー(Axelar)」とともに採択されている。

ただし「ワームホール」は20222月に12wETH(当時約373億円)のハッキング被害を受けたこともある。当時の分散型金融(DeFi)プロトコルの被害としては、過去最大額とのことであった。

関連ニュース

参考:ワームホール
images:iStocks/Ket4up

関連するキーワード

#W

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道