三菱商事のサーモン養殖子会社がIBM Food Trustを導入、中国人民銀行がBCを金融業界標準に追加、ステイクテクノロジーズが、新サービス「SESP」を提供開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

三菱商事のサーモン養殖子会社がIBM Food Trustを導入

・三菱商事の100%子会社である諾サーモン養殖会社Cermaq(サーマック)が、サーモンの食品サプライチェーンの追跡にIBM Food Trustを導入したことを発表

・同社は仏スモークサーモンブランド会社Labeyrie(ラベイリー)と協力し、既にフランスの消費者へ向けて履歴書付きのスモークサーモンの提供を行っているとのこと

・消費者は製品のパッケージにあるQRコードをスマートフォンなどの専用アプリで読み取ることで、サーモンの情報を確認することができる

・消費者の確認できるサーモンの情報は、サーモンの起源、いつ孵化したのか、どの淡水施設から来たのか、海水から移動したときの大きさ、どの海水施設で養殖したのか、その他ワクチン接種の有無や健康状態や摂取したエサの種類や捕獲した時期などとのこと

中国人民銀行がブロックチェーンを金融業界標準に追加

・中国人民銀行副総裁のファン・イーフェイ氏が11月20日に開催された中国の全国金融標準化技術委員会2019で、人工知能、ブロックチェーン、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの17のテクノロジーを金融業界標準に加えたと話たことをXhihua Newsが報じた

・現在、中国は65の国家金融基準と252の金融業界基準を制定している。特に、モバイルペイメントのクライアントの技術仕様や音声認証アプリケーションの標準などが、中国の金融業界の安定的な発展に強力にサポートしているようだ

・イーフェイ氏は「現在、技術基準の不足や古さなど、金融分野にはまだ問題があります。そして、金融サービスと管理基準は弱く、質の高い金融の発展に対応するには一定の距離があります」とコメント

・さらにイーフェイ氏は「金融業界における人工知能、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、ブロックチェーン、その他のアプリケーションの開発動向に準拠し、データセキュリティに焦点を当てて、金融基準の再構築をして主要分野の欠点を緊急に埋める必要があります」と述べた

・さらに、イーフェイ氏は「中国の動きによって、金融標準の国際化を加速し、金融標準化研究を積極的に実施し、金融標準化人材の開拓に努め、金融ガバナンスシステムとガバナンス機能の近代化において基本的かつ戦略的な役割を果たしていかなければならない」と強調して、伝えた

バイナンスがインドの仮想通貨取引所WazirXを買収

・仮想通貨取引所バイナンス(Binance)は、インドの仮想通貨取引所WazirXを買収し、インド市場へ参入することを発表

・買収により、Binanceは11月25日からインドの法定通貨ルピーで、仮想通貨を売買することができるようになる

・CZは「インドの若い世代は、新しい金融技術を採用し、金融インフラを構築していくでしょう。これは、インドが世界のブロックチェーンイノベーションセンターとして機能するために重要な役割を果たすと思います。」と答えている

・WazirXのニシャル・シェティCEOは「仮想通貨の次のイノベーションは、世界中の発展途上国から生じると思います。 10億人以上の人口を抱えるインドは、大規模な仮想通貨の採用が準備されており、Binanceの買収により、インドだけでなく、すべての発展途上国に対応する機会が得られます。 この買収は、世界を分散化するというBinanceの共有ミッションを達成するためのさらに別のステップになるでしょう」とコメント

CZがバイナンス上海オフィスの存在と警察立ち入りを否定

・仮想通貨取引所バイナンス(Binance)のCEOであるCZが、米国仮想通貨メディア「The Block」の「Binance’s Shanghai office shut down following police raid, sources say」という記事の報道を否定

・CZは「Binanceは上海にオフィスを構えていないし、警察の襲撃などの事実はない」とツイート

・さらにCZは「中国オフィスを構えている4つの取引所のうち2社が、Binanceへの恐れ、不安、疑いを広めるために、ニュースメディアやKOLに報酬を支払っている」とツイート

ロリーとナイキが提携し、スニーカーを購入するとBTCがキャッシュバック

・サイトを経由して買い物をするとビットコインが還元されるWebサービス「Lolli.com」を運営するLolliが、NIKEと提携したことを発表

・これによりLolli.comを経由してNIKEのスニーカーを購入すると、最大3%のビットコインがキャッシュバックされるとのこと

・同サービスは、現時点で米国在住のユーザーに限定して提供されている

・同サービスには、マークジェイコブス、クロックス、ジミーチュウなど他にも500以上のブランドを取り扱っている

ステイクテクノロジーズが、新サービス「Stake Enterprise Substrate Package」を提供開始

・ステイクテクノロジーズ株式会社が、新サービス「Stake Enterprise Substrate Package(SESP)」の提供開始を発表

・SESPは、Substrateを用いてビジネスの要件定義から実証実験、商用開発、運用の一連の流れを通期一貫サポートするプログラムとのこと

・SESP導入のプロセスは、プランニング、PoC、開発、運用BaaSの4ステップとなっている

・プランの詳細ならび価格設定については、サポートチームまで問い合わせが必要とのこと

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock))

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックが決済専門グループ「Facebook Financial」発足、Dapper LabsがNBA選手やCoinbaseなどから1200万ドル資金調達などから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足、ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達、慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足

フェイスブックが決済やコマースの機会を追求するための新しいグループ「Facebook Financial」の発足を発表したとBloombergが報じた。「Facebook Financial」はフェイスブック社内ではF2と呼ばれていて、責任者にはフェイスブックらの暗号資産(仮想通貨)プロジェクトLibra(リブラ)の責任者でもあるDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏が着任したとのことだ。このグループは「Facebook Pay」「Novi」「WhatsApp」など決済プロジェクトを担当するようだ。

慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンターとInstitution for a Global Society株式会社(IGS)が、ブロックチェーン技術を用いた個人情報の管理・活用を実現するシステム開発に関する共同研究「STAR(Secure Transmission And Recording)プロジェクト」を開始したことを8月11日発表した

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手のSpencer Dinwiddie(スペンサー・ディンウィディー)氏、 Andre Iguodala(アンドレ・イグオダラ)氏、Coinbase Venutresなどから1200万ドルの資金調達を行ったことを発表した。この資金調達の目的は独自ブロックチェーン「FLOW」開発のためとのことだ。今回の資金調達に参加したSpencer Dinwiddie氏は暗号資産に非常に明るいNBA選手。自身のシューズブランド「K8IROS」では暗号資産決済を取り入れていたり、2020年1月にはセキュリティートークン関連企業「Securitize」とデジタルトークンを発行をしたりしている。

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のBC技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル(約11億6,200万)の資金調達、中国の主要な国有商業銀行がデジタル人民元(DCEP)のウォレットアプリケーションの内部テスト開始か、日本政府がブロックチェーンでASEANの貿易基盤のデジタル化を支援

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに

ゴールドマンサックスのデジタルアセットのグローバル責任者であるMathew McDermott(マシュー・マクダーモット)氏が、同行のブロックチェーン技術へのインサイトとビジョンに関してCNBCのインタビューで語った。McDermott氏はそこでゴールドマンサックスが独自デジタル通貨発行の可能性も示した。