タイSEC、同国取引所Zipmexにサービス一時停止を命令

タイSECがZipmexにサービス一時停止命令

タイの金融規制当局であるSEC(証券取引委員会)が、同国の暗号資産(仮想通貨)取引所ジップメックス(Zipmex)に対する、デジタル資産の取引サービスおよびブローカーとしてのサービス一時停止の命令について決議したことを2月2日発表した。

タイSECは1月12日に同取引所に対し、流動資本の維持管理構造や事業及び人員の管理体制を修正するように命じていたが、2月1日の時点でジップメックスがその命令の要件を満たしていなかったため、今回の一時停止命令を決議したとのこと。

同取引所はサービス停止中、ユーザーがいつでも資産引き出し可能な状態にする必要があるとのこと。

なおジップメックスには、2月2日から15日以内に修正結果をSECに提出し、同機関より許可が得られれば通常業務の再開ができるという。

ジップメックスは2022年に破産申請しており、ユーザーに対して9,700万ドルの債務を抱えているとのことだ。

関連ニュース

参考:タイSEC
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored