BlendAI 、AI関係の利用なら版権フリーのキャラクター「 #デルタもん 」発表

AI関係の利用なら版権フリー、デルタもん 発表

BlendAIがアルファパラダイスプロジェクトの第一弾としてキャラクター「デルタもん」を1月27日発表した。BlendAIは、シンガポールでブロックチェーン事業を展開していた小宮自由氏が日本で立ち上げたAIスタートアップ企業。

このプロジェクトは、公開したキャラクターをAIを活用した利用の場合に商業・非商用問わず原則無制限に利用を可能にする取り組みだ。作品の制作過程の一部にAIが使われていれば良く、全てをAIで制作する必要はない。一方、完全に人間の手のみで描いた作品などAIとは無関係な二次創作や商業利用は禁止されているという。

今回公開されたプロジェクト第一弾の「デルタもん」は人間の手で一から創作されており、制作過程にAI は一切使われていないという。キャラクターデザインは、人気キャラクター「ずんだもん」の生みの親であり、数千万円クラスのキャラクター関連クラウドファンディングを次々と成功させてきた榊正宗氏だ。「デルタもん」は BlendAI が一切の知的財産権を持つキャラクターとのこと。

なおBlendAIは、発表に合わせて「デルタもん」がAI領域において自由に使えることを示すためのNFTを1月29日ミント(発行)している。

キャラクターの発行から数日だが、X(旧Twitter)で ハッシュタグ「 #デルタもん 」と検索すると、AIで制作された100を超えるイラストや動画が確認できる。

なお「アルファパラダイスプロジェクト」はギリシャ文字の24文字をモチーフにしたキャラクターシリーズで、今回発表された「デルタもん」に続き、今後随時新キャラクターを発表していくとのこと。またそれぞれのイラストの詳細設定、3Dモデル、LoRAモデルなど、幅広い商用版権フリー素材も提供していく予定とのことだ。

関連ニュース

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究