バイナンスローンチプールで「NFPrompt(NFP)」取扱開始

Binance LaunchpoolでNFP取扱開始

大手海外暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、同社提供の「バイナンスローンチプール(Binance Launchpool)」にて暗号資産NFプロンプト:NFPrompt(NFP)の取扱開始を12月19日発表した。

「バイナンスローンチプール」ではユーザーが、BNB、TUSD、FDUSDを個別のプールにステーキングすることでNFPを獲得できる仕組みになっている。NFPの取り扱いは日本時間で20日9時(UTC:0:00)より開始しており、日本時間で26日19時(UTC:23:59)までの7日間利用可能とのこと。

なお今回のNFPでの「バイナンスローンチプール」では、同トークン総供給量1,000,000,000NFPの11%となる110,000,000NFPが報酬対象になるようだ。

ユーザーはBNBをステーキングした場合、報酬総額の80%となる88,000,000NFPが報酬対象となり、FDUSDの場合は報酬総額の10%となる11,000,000NFPが報酬対象、そしてTUSDについては11,000,000NFPが報酬対象になるという。これによりユーザーに分配される報酬は、ステーキングされたトークン数によって異なるようだ。

またバイナンスでは流動性条件が満たされ次第、取引所において今月27日10:00(UTC)よりNFPの取り扱いを開始するとのこと。取引ペアについてはNFP/BTC、NFP/USDT、NFP/BNB、NFP/FDUSD、NFP/TUSD、NFP/TRYとなっている。

NFプロンプトとは

NFプロンプトはweb3クリエイター向けのAI主導のユーザー生成コンテンツ(UGC:User Generated Contents)プラットフォームだ。BNBチェーン上に構築されている。ユーザーが書き込んだプロンプトから写真やビデオ、アニメーション、PFPアバター、音楽、3Dモデルといった様々なデジタルコンテンツが生成されNFTとして売買できる。

またNFプロンプトでは、プロンプトが再利用された際にプロンプトを書き込んだユーザーに対してロイヤリティが送金されるトークンメカニズムが採用されている。なおNFプロンプトの独自トークンであるNFPは、同プラットフォーム上のガバナンスや投票、ステーキングとして利用されるとのこと。

バイナンスローンチプールとは

「バイナンスローンチプール」は、ユーザーがBNBなどの特定のトークンを対象プロジェクトのプールにステーキングすることで、暗号資産プロジェクトが発行するネイティブトークンを獲得できるサービスだ。プロジェクト側は同プラットフォームの利用により、バイナンスにトークン上場ができる仕組みとなっている。

なおトークンセールを行うIEOプラットフォームの「バイナンスローンチパッド(Binance Launchpad)」とは異なり、トークンをステーキングすることでプロジェクトのトークンが獲得できるのが特徴だ。

「バイナンスローンチプール」に参加する為には、ユーザーはBinance.comアカウントと、0.1以上のBNBまたはプール内でサポートされているトークンが必要となっている。

「バイナンスローンチプール」におけるNFPの取り扱いは41番目のプロジェクトとなっており、40番目のプロジェクトは暗号資産フュージョニスト:Fusionist(ACE:エース)だった。また39番目は暗号資産ミームコイン:Memecoin(MEME)、38番目は暗号資産ニュートロン:Neutron(NTRN)、37番目はサイバーコネクト: Cyber Connect(CYBER)、36番目はセイ: Sei(SEI)が取り扱われた。

関連ニュース

参考:バイナンス
images:iStock/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している