バイナンスローンチプール、「Fusionist(ACE)」取扱へ

Binance LaunchpoolでACE取扱開始へ

大手海外暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、同社提供の「バイナンスローンチプール(Binance Launchpool)」にて暗号資産フュージョニスト:Fusionist(ACE:エース)を取り扱うことを12月11日発表した。

「バイナンスローンチプール」ではユーザーが、BNBとFDUSDを別々のプールにステーキングすることでACEを獲得できる仕組みになっている。ACEの取り扱いは今月13日0:00(UTC)より開始し、17日23:59(UTC)までの5日間利用可能とのこと。

なお今回のACEでの「バイナンスローンチプール」では、同トークン総供給量147,000,000ACEの7%となる10,290,000ACEが報酬対象になるようだ。

ユーザーはBNBをステーキングした場合、報酬総額の80%となる8,232,000ACEが報酬対象となり、FDUSDについては報酬総額の20%となる2,058,000ACEが報酬対象になるという。これによりユーザーに分配される報酬は、ステーキングされたトークン数によって異なるようだ。

またバイナンスでは流動性条件が満たされ次第、取引所においてACEの取り扱いを今月18日より開始するとのこと。取引ペアについてはACE/BTC、ACE/USDT、ACE/BNB、ACE/FDUSD、ACE/TRYとなっている。

なおACEは、フュージョニストが開発するEVM(イーサリアム仮想マシン)互換の独自ブロックチェーン「エンデュランス(Endurance)」とBNBスマートチェーンに対応しているとのこと。

フュージョニストは、中国テンセント(Tencent)の元開発者らで構成されたチームが開発するweb3型のトリプルエー(AAA)ゲームだ。現在ベータ版IIとしてリリースされている。ACEは「エンデュランス」 上で発行された独自トークンで、フュージョニストのゲーム内通貨として機能している。

「エンデュランス」は、ソーシャル及びブロックチェーンゲーム向けインフラストラクチャとして開発されており、今年1月よりメインネットとして起動している。ACEは「エンデュランス」上で開発されたゲームのゲーム内通貨として機能するだけでなく、同エコシステムのガバナンストークンとしても機能するとのこと。

バイナンスローンチプールとは

「バイナンスローンチプール」は、ユーザーがBNBなどの特定のトークンを対象プロジェクトのプールにステーキングすることで、暗号資産プロジェクトが発行するネイティブトークンを獲得できるサービスだ。プロジェクト側は同プラットフォームの利用により、バイナンスにトークン上場ができる仕組みとなっている。

なおトークンセールを行うIEOプラットフォームの「バイナンスローンチパッド(Binance Launchpad)」とは異なり、トークンをステーキングすることでプロジェクトのトークンが獲得できるのが特徴だ。

「バイナンスローンチプール」に参加する為には、ユーザーはBinance.comアカウントと、0.1以上のBNBまたはプール内でサポートされているトークンが必要となっている。

「バイナンスローンチプール」におけるACEの取り扱いは40番目のプロジェクトとなっており、 39番目のプロジェクトは暗号資産ミームコイン:Memecoin(MEME)だった。また38番目のプロジェクトは暗号資産ニュートロン:Neutron(NTRN)で、37番目については「サイバーコネクト: Cyber Connect(CYBER)」、36番目は「セイ: Sei(SEI)」が取り扱われた。

関連ニュース

参考: バイナンス1バイナンス2
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も