大手銀BBVAスイス部門がMetacoと提携、暗号資産カストディ領域で協力

ハーモナイズに統合

スペインで2番目の規模を持つ銀行であるビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)のスイス部門BBVA Switzerland(BBVAスイス)が、スイスのデジタル資産関連企業メタコ(METACO)と提携した。BBVAが12月7日発表した。

この提携によりBBVAスイスは、同行のカストディサービスをメタコのデジタル資産カストディ及びオーケストレーション(管理の自動化)サービス「ハーモナイズ(Harmonize)」に統合したという。

BBVAは2021年6月より、スイスでビットコイン(BTC)の取引及びカストディサービスを開始。その後イーサリアム(ETH)にも対応している。

BBVAは「ハーモナイズ」と統合することで、より迅速なトランザクションの検証や、規制当局が求める最高のセキュリティ基準で暗号資産を保管することができるようになったという。

また今後数カ月のうちに暗号資産はコールド・ウォレットに保管されるようになり、強固なセキュリティ対策が施された物理的な場所に保管されるようになるとBBVAは伝えている。これにより第三者からのアクセスが完全に防止され、より高いセキュリティ環境を実現できるとのことだ。

またBBVAは今後、現在取り扱っているBTCやETH以外の暗号資産の取引や、従来型資産のトークン化サービスも提供できるようになると伝えている。

メタコの「ハーモナイズ」は、スイス、ドイツ、トルコ、フランス、英国、米国、シンガポール、オーストラリア、香港、フィリピンなどで提供されており、欧州のメガバンクBNPバリパやドイツで資産規模第2位の銀行であるDZ銀行(DZ Bank)、英ロンドンに本社を置く大手銀行HSBCなど、世界のカストディアンや大手銀行、金融機関、企業に採用されている。

なおメタコは米フィンテック企業のリップル(Ripple)社によって今年5月、約344億円で買収されている。

関連ニュース

参考:BBVA
images:iStocks/ttawit.21

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している