スペイン大手銀行BBVAが暗号資産(仮想通貨)の取引およびカストディサービスを提供か

スペイン大手銀行BBVAが暗号資産(仮想通貨)の取引およびカストディサービスを提供か

スペインで2番目の規模を持つ銀行であるビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)が、暗号資産(仮想通貨)の取引およびカストディサービスの提供を計画していることをCoindeskが12月8日に報じた

Coindeskによると、この情報は事情に詳しい2名の関係者への取材で判明したとのこと。なお、本件に関してBBVAから正式なコメントは発表されていない。

関係者によると、BBVAはデジタル資産に関して比較的緩い規則を設定しているスイスから、暗号資産の取引およびカストディサービスの提供を開始するとのこと。取り扱う資産についてはデジタル証券(セキュリティトークン)ではなく暗号資産になるとられている。時期については、規制当局から承認を得られれば2021年1月にも開始される可能性があるとのことだ。

BBVAは、デジタル資産に特化したスイスのフィンテック企業であるメタコ(METACO)と、金融ソフトウェアプロバイダーであるアヴァロック(Avaloq)と共同でサービスを開発しているとされている。そして暗号資産の管理にはメタコの暗号資産ウォレットおよび暗号資産保管ソリューションであるSILO(サイロ)が利用されるとのことだ。

なおメタコとアヴァロックはロシア最大の民間銀行であるガスプロムバンクと提携し今年11月にスイスで暗号資産取引サービスおよび暗号資産管理ソリューションの提供を開始したことで知られている。

(images:iStock/stockdevil・Guzaliia-Filimonova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道