ゲームボーイのハードウェアウォレット「Game Wallet」、プロジェクト一時停止

Keypが「Game Wallet」一時停止

web3スタートアップ「キープ(Keyp)」の「ゲームボーイ(GAME BOY)」を活用したハードウェアウォレットプロジェクト「ゲームウォレット(Game Wallet)」が一時停止したとメディア「ディクリプト(Decrypt)」が11月23日報じた。

ハードウェアウォレット「ゲームウォレット(Game Wallet)」は、ゲーム開発会社「任天堂」が過去に販売した「ゲームボーイ」のカセット(カートリッジ)をコールドウォレットとして活用し、カセットに暗号資産(仮想通貨)が保存できる仕組みだと伝えられていた。なおシードフレーズは、「ゲームウォレット」で展開されるクエストで、プレイヤーがボタンを押した回数がハッシュ化されることで生成される仕様とのことだった。

「ゲームウォレット」プロジェクトの開始については、「キープ」の開発者ジョセフ・スキアリッツィ(Joseph Schiarizzi)氏によって今年5月に発表されており、サービス開始となった際に通知を受け取るために登録するウェイティングリストが公開されていた。

しかし報道によると「キープ」は、「ゲームウォレット」ユーザーに対してこのプロジェクトの一時停止に関するお詫びのメールを送信したという。

「キープ」は「ゲームウォレット」プロジェクトの一時停止について、「オープンダラー(Open Dollar)」と呼ばれるステーブルコインプロジェクトに注力する為に「ゲームウォレット」プロジェクトを一時停止したとメールにて説明。そして「オープンダラー」への方向転換は、進化するDeFi(分散型金融)空間に大きな価値をもたらすと説明しているという。

「オープンダラー」はイーサリアム(Ethereum)L2アービトラム(Arbitrum)用に構築されたレンディングプロトコル。ユーザーはソラナ(Solana)のLST(リキッドステーキングトークン)や他の暗号資産を、特定のNFTに借入と担保を紐づけできる機能「NFTボールド(NFT Vaults)」を通じてロックすることで、「オープンダラー」発行のステーブルコインODを借り入れ可能とのこと。

なお「キープ」は「ゲームウォレット」プロジェクトの一時停止に伴い、同プロジェクトのユーザーによる「オープンダラー」ベータ版へのアクセスを可能にしたとのことだ。

関連ニュース

参考:ディクリプト
images:iStock/eugenesergeev

関連するキーワード

#OD

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も