web3スタートアップ「Keyp」開発者、ゲームボーイ活用のハードウェアウォレット「Game Wallet」発売へ

GAME BOYのカセット「Game Wallet」発売へ

web3スタートアップ「キープ(Keyp)」の開発者ジョセフ・スキアリッツィ(Joseph Schiarizzi)氏が、ゲーム開発会社「任天堂」が過去に販売した「ゲームボーイ(GAME BOY)」活用のハードウェアウォレット「ゲームウォレット(Game Wallet)」を、5月19日ツイッターで発表した。

「ゲームウォレット」は、暗号資産(仮想通貨)をコールドウォレットに保存できる「ゲームボーイ」のカセット(カートリッジ)だ。シードフレーズは、プレイヤーが「ゲームウォレット」で展開されるクエストで、ボタンを押した回数がハッシュ化されることで生成されるという。

なおシードフレーズの生成におけるランダム性は、プレーヤーが「ゲームウォレット」で歩き回りクエストを完了する時に導入されるとのこと。

また「ゲームウォレット」への暗号資産の保存については、「BIP39」に基づくシードフレーズの生成に使用されるハッシュアルゴリズムである「SHA-256」の、オープンソースアセンブリ実装を、「ゲームボーイ」にプログラムされている言語「GBAssembly」へ変換したことにより可能になったとのこと。その為、「BIP39」に基づく暗号資産であれば「ゲームウォレット」への保存が可能とのことだ。

なおBIP(Bitcoin Improvement Proposals)とはビットコイン技術の発展の為に作成および公開されている草案群のことである。

また発売される「ゲームウォレット」ではファームウェア(ソフトウエア )のアップデートが必要無いとのこと。そして「ゲームウォレット」はオープンソースで開発されているとのことだ。

なお「ゲームウォレット」の発売日時については現在発表されていない。ただし販売開始の通知を事前に受けられるウエイティングリストへの登録は可能となっている。

関連ニュース

参考:TwitterGame Wallet
images:iStocks/Arkadiusz-Warguła

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored