web3スタートアップ「Keyp」開発者、ゲームボーイ活用のハードウェアウォレット「Game Wallet」発売へ

GAME BOYのカセット「Game Wallet」発売へ

web3スタートアップ「キープ(Keyp)」の開発者ジョセフ・スキアリッツィ(Joseph Schiarizzi)氏が、ゲーム開発会社「任天堂」が過去に販売した「ゲームボーイ(GAME BOY)」活用のハードウェアウォレット「ゲームウォレット(Game Wallet)」を、5月19日ツイッターで発表した。

「ゲームウォレット」は、暗号資産(仮想通貨)をコールドウォレットに保存できる「ゲームボーイ」のカセット(カートリッジ)だ。シードフレーズは、プレイヤーが「ゲームウォレット」で展開されるクエストで、ボタンを押した回数がハッシュ化されることで生成されるという。

なおシードフレーズの生成におけるランダム性は、プレーヤーが「ゲームウォレット」で歩き回りクエストを完了する時に導入されるとのこと。

また「ゲームウォレット」への暗号資産の保存については、「BIP39」に基づくシードフレーズの生成に使用されるハッシュアルゴリズムである「SHA-256」の、オープンソースアセンブリ実装を、「ゲームボーイ」にプログラムされている言語「GBAssembly」へ変換したことにより可能になったとのこと。その為、「BIP39」に基づく暗号資産であれば「ゲームウォレット」への保存が可能とのことだ。

なおBIP(Bitcoin Improvement Proposals)とはビットコイン技術の発展の為に作成および公開されている草案群のことである。

また発売される「ゲームウォレット」ではファームウェア(ソフトウエア )のアップデートが必要無いとのこと。そして「ゲームウォレット」はオープンソースで開発されているとのことだ。

なお「ゲームウォレット」の発売日時については現在発表されていない。ただし販売開始の通知を事前に受けられるウエイティングリストへの登録は可能となっている。

関連ニュース

参考:TwitterGame Wallet
images:iStocks/Arkadiusz-Warguła

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した