ユニセフがイーサリアム財団のサポートでクリプトファンドを立ち上げ、WirelineがLibraをハードフォークしたOpen Libraを立ち上げへなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

ユニセフがイーサリアム財団のサポートでクリプトファンドを立ち上げ

・ユニセフがイーサリアム財団(Ethereum Foundation)のサポートでクリプトファンドを立ち上げたことが、Devcon5でのMiyaguchi Aya氏の10月9日のセッションで明らかになった

・イーサリアム財団は100ETHをUNICEF Franceへ基金する。そして、ユニセフグループのOffice Of Innovationがメキシコ拠点もPrescrypto、タンザニア拠点のUtopixar、アルゼンチン拠点のATIX Labsに資金が投資される

・国連組織にとって初めてユニセフは、今後も仮想通貨を使用して、世界中の子どもや若者に利益をもたらすオープンソース技術に資金を提供していく予定だ

・ユニセフのエグゼクティブディレクタープレスリリースで「これはユニセフにとって新しくエキサイティングな発表です。デジタル経済と通貨が次世代の生活を形成する可能性があるので、今後ベンチャー企業と関わる可能性は高まってくると思います。 だからこそ、私たちのクリプトファンドの創設は、人道主義者の人とエンジニアが混ざり合う、重要かつ歓迎すべき一歩だと考えます」とコメントしている

・そしてイーサリアム財団理事長のAya Miyaguchi氏は「ユニセフとともに、クリプトファンドと協力して、基本的なニーズ、権利、リソースへのアクセスを改善していきます」とコメントしている

WirelineがLibraをハードフォークしたOpen Libra立ち上げへ

・Wirelineの共同設立者Lucas Geiger氏がDevcon5に登壇し、Libraをハードフォークした通貨「Open Libra」を立ち上げる計画を発表

・Open Libraは、Libraがオープンソースで開発されている事を利用してハードフォークを実行する。フェイスブックらのLibra協会に頼らないパーミッションレスな、Libraにペッグした仮想通貨の開発を行うとのこと

・現在Open LibraのコードはGithub上で確認が可能で、公式サイトもWEB上で公開がされている

bitFlyerがカリウスの不正ログイン検知サービスを導入

・不正ログイン検知サービスを提供する株式会社カウリスが、株式会社bitFlyerが同社の不正ログイン検知サービス「FraudAlert」(フロードアラート)を導入したことを発表

・カウリスの提供する「FraudAlert」は、個人情報を用いず、端末から取得する200以上のパラメータを基に、不正ログインを検知する。また月間数千万件のログイン・口座開設をモニタリングしており、国内での不正利用に用いられたデバイス情報のデータベースを有しているとのこと

・同サービスは、現在までに10社以上の金融機関・証券会社・仮想通貨交換業者、通信キャリアにて、導入がされている

Devcon Day2について


※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/27話題】博報堂とアスターのステイクが新会社、Oasysでセガ「三国志大戦」リリースへなど(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ジョイントベンチャー設立へ、【取材】セガ「三国志大戦」のIP活用ブロックチェーンゲーム、Oasysでリリースへ、グリーがweb3事業参入を表明、ブロックチェーンゲーム開発を視野、SBIVCトレードが「ステーキングサービス」開始へ、カルダノ(ADA)から、フォビジャパン、テゾス(XTZ)取扱いへ、コインベース、オランダで暗号資産ライセンス取得、WEFが「Crypto Sustainability Coalition」発足、気候変動対策におけるweb3の可能性調査で、チリーズ(CHZ)の「Socios. com」、マレーシアのサッカークラブ「ジョホール」と提携、ラグビー用品専門店「ラグビーオンライン」、FiNANCiEでトークン発行、コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発、NFTアートの祭典「CAWA TOKYO 2022」、9月27日から開催

Sponsored

コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発

DeFi(分散型金融)やNFTにおけるブロックチェーンの安全性と規制問題に取り組むweb3ソフトウェア開発企業ビクトリーファイナンス(Bictory Finance)が、コンコーディアム(Concordium)ブロックチェーン上でウォレット・ネーム・システム「Concordium Name Service(CNS)」を9月27日に発表した。

Sponsored