Cboe Clear Digital、ビットコインとイーサのマージン先物取引の提供決定

Cboe Clear DigitalがBTCとETHのマージン先物提供へ

シーボー・グローバル・マーケッツ(Cboe Global Markets)の関連会社シーボー・クリア・デジタル(Cboe Clear Digital)が、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のマージン先物取引の開始予定を11月13日発表した。2024年1月11日より提供を開始するとのこと。

これにより同社は米国規制下において初めて、単一のプラットフォームで現物取引とレバレッジ取引を提供することになるという。

シーボー・グローバル・マーケッツは、米大手デリバティブ取引所のシカゴ・オプション取引所を運営する企業。またシーボー・クリアの親会社シーボー・デジタル・エクスチェンジ(Cboe Digital Exchange)は、米国商品先物取引委員会(CFTC)に指定契約市場として登録されている。

シーボー・クリア・デジタルは今年6月、CFTCよりマージン先物取引を含む商品提供の拡大に必要な認可を取得していた。

発表によると今回のマージン先物取引開始に際して、B2C2、ブロックフィルズ(BlockFills)、CQG、カンバーランドDRW(Cumberland DRW)、ジャンプ・トレーディング・グループ(Jump Trading Group)、マーレックス(Marex)、ストーンXフィナンシャル(StoneX Financial)、タロス(Talos)、テイスティートレード(tastytrade)、トレーディングテクノロジーズ(Trading Technologies)、ウェドブッシュ(Wedbush)といった企業がサポート予定とのことだ。

関連ニュース

参考:シーボー・グローバル・マーケッツ
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】キャプテン翼 -RIVALS-がフェンブシキャピタルと提携、仏ソシエテがイーサ上でユーロ建てグリーンボンドなど

「キャプテン翼 -RIVALS-」、フェンブシキャピタルと提携、仏ソシエテ、イーサリアム上でユーロ建てグリーンボンド発行、韓国金融規制当局、未申告の暗号資産事業者に関する通報受け入れへ、ブラジル大手銀イタウ、暗号資産取引を開始=ロイター、クリプトドットコム、英FCAより電子マネー機関(EMI)の認可取得、暗号資産決済「Slash」、イーサL2オプティミズムに対応開始、アービトラムDAOが2340万ドルの追加予算を承認、助成金逃したプロジェクト支援で、スタークネットが「STRK」のスナップショット実施を明言、エアドロップに向け、L1ブロックチェーン「Sei」、v2アップグレードでEVMサポート提案

Sponsored