Cboe Clear Digital、ビットコインとイーサの証拠金先物取引を提供へ。CFTC認可で

CFTCがCboeに証拠金先物取引を認可

シーボー・グローバル・マーケッツ(Cboe Global Markets)の関連会社シーボー・クリア・デジタル(Cboe Clear Digital)が、米国商品先物取引委員会(CFTC)より、証拠金付き先物取引を含む商品提供の拡大に必要な認可を6月5日取得した。シーボー・グローバル・マーケッツが6月6日発表した。

なおシーボー・グローバル・マーケッツは、米大手デリバティブ取引所のシカゴ・オプション取引所を運営する企業。またシーボー・クリアの親会社シーボー・デジタル・エクスチェンジ(Cboe Digital Exchange)は、CFTCに指定契約市場として登録されている。

これまでシーボー・クリアでは、デジタル資産先物の取引と清算を完全担保制で提供しており、顧客は先物契約の全額を前払いする必要があった。今回のCFTCからの証拠金付き先物取引の認可により、担保として計上されるのは総額の一定割合のみとなり、顧客はより少ない資金で先物取引を行えるようになるとのこと。

なお今回の認可により、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を対象にした証拠金付き先物取引を2023年後半から提供する予定とのことだ。

シーボー・デジタルの社長であるジョン・パーマー(John Palmer)氏は「我々は、仲介者を歓迎する透明性の高い、米国で規制された暗号市場というビジョンを構築し続ける中で、CFTCが我々と協力してくれたことに感謝しています。デリバティブは、投資家が市場エクスポージャーを獲得し、リスクを管理することを可能にする、古くから利用されてきた貴重なツールです」とコメントしている。

関連ニュース

参考:CBOECFTC
デザイン:一本寿和

images:iStocks/JHVEPhoto

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した