dYdXチェーン(v4)がオープンソース化、コスモスへの移行開始

dYdXチェーンがオープンソース化

分散型取引所(DEX)dYdX(ディーワイディーエックス)の開発会社であるdYdXトレーディング(dYdX Trading)が、「dYdXチェーン」のオープンソース化を10月24日発表した。

dYdXに関するプロトコル・オーダーブック(取引板)・フロンドエンドなどのコードは完成し、監査も完了したとのこと。そのうえで「dYdXチェーン」は、誰もが使えるオープンソースになったとのことだ。

dYdXは昨年6月、「dYdX v4」をコスモス(ATOM)エコシステム上に構築することを発表。コスモスの独自ブロックチェーン開発キット「CosmosSDK」を利用して「dYdX v4」を構築するブロックチェーンの開発を進めるとしていた。なお現在「dYdX v4」の呼称は「dYdXチェーン」に統一変更されている。

今回の「dYdXチェーン」オープンソース化は、現在イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2ソリューションである「スタークネット(Stark-net)」上に構築されている「dYdX V3」からコスモス系チェーンとなる「dYdXチェーン」への移行の第一歩となるとのこと。

チェーン移行の次段階としては、最初のブロック「ジェネシス(Genesis)」を作成する3つのフェーズからなるイベントが行われる。その後メインネットのアルファ版・ベータ版の公開を経て、最終的にメインローンチされるとのことだ。

なお「dYdXチェーン」へ移行するとdYdXの運営はトレーディング社からコミュニティに移り、「dYdX Operations SubDAO」のガバナンスによって運営方針が決定されることになる。これによりdYdXはDEXとして「完全な分散化」を達成するとしている。

これについてdYdX創業者のアントニオ・ジュリアーノ(Antonio Juliano)氏も「dYdXチェーンによってdYdXは、コードによって完全に運営される取引所となり、ユーザーによって管理される取引所になる」と述べている。

今月、トレーディング社はdYdXコミュニティのビルダー、トレーダー、ステークホルダーと対等な立場になるために公益法人へと切り替えを行っている。

なおこのことは、主要なDeFi(分散型金融)企業が公益法人へ移行した初めての事例になるとのことだ。

関連ニュース

参考:dYdX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/m_pavlov・dalebor・LeshkaSmok

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表