現物ビットコインETF承認待ちのブラックロック、米SECに別件で約4億円の罰金支払い

ブラックロックが罰金支払う

米証券取引委員会(SEC)による投資アドバイザーのブラックロック・アドバイザーズ(BlackRock Advisors, LLC)への告発を解決するために、投資大手ブラックロック(BlackRock)が250万ドル(約3.7億円)の罰金を支払った。SECが10月24日発表した。

SECによれば、ブラックロック・マルチセクター・インカム・トラスト( BlackRock Multi-Sector Income Trust :BIT)が2015年から2019年にかけて、映画会社のアビロン・グループLLC(Aviron Group, LLC)に多額の融資を行っていたという。また、ブラックロックはBITの年次および半期報告書の多くにおいて、アビロンが「多角化金融サービス」企業であると不正確な表現をしていたとのことだ。

またアビロンが実際よりも高い金利を支払っているとブラックロックが偽って報告していたことも、SECは報告している。

ブラックロックはSECの調査結果を認めることも否定することもなく、罰金に加えて、営業停止命令とけん責にも同意したという。

ブラックロックは現在、SECへ現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust)」を申請中だ。

SECは9月28日、同ETFの承認判断を延期することを発表していた。

関連ニュース

参考:SEC
デザイン:一本寿和

images:iStock/taa22

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない