香港CMCCグローバル、約149億円規模のWeb3特化型ファンドを新設

香港に約149億円規模のWeb3特化型ファンドが新設

香港のベンチャーキャピタルであるCMCCグローバル(CMCC Global)が、Web3起業家向けの新たな投資ファンドを立ち上げたことを10月4日発表した。

発表によれば、CMCCグローバルが立ち上げた新ファンドは「タイタンファンド(Titan Fund)」と呼ばれ、ブロックチェーン企業の株式に投資するとのことだ。具体的にはインフラ・フィンテック・ゲーム・メタバース・NFTなどのコンシューマー・アプリケーションのアーリーステージのスタートアップを対象とし、投資を行っていくという。

「タイタンファンド」は1億ドル(約149億円)の資金調達を達成し、立ち上げられたとのこと。アンカー投資家は投資機関の「ブロックワン(Block.one)」で、5000万ドル(約74.4億円)を出資したという。またCMCCグローバルも同ファンドに15%のGP(General Partner:無限責任組合員)出資を行ったとのこと。

その他の投資家として、「パシフィック・センチュリー・グループ(Pacific Century Group)」、香港の「ジェブセン・キャピタル(Jebsen Capital)」、「ウィンクルボス・キャピタル(Winklevoss Capital)」といった投資機関や、アニモカブランズ(Animoca Brands)のCEOであるヤット・シウ(Yat Siu)氏を含む著名なブロックチェーン起業家らからの個人投資も受けているとのことだ。

ブロックワンのCEOであるブレンダン・ブルメル(Brendan Blumer)氏は「CMCCグローバルは、この業界で最も早くからベンチャーキャピタルに投資してきた企業のひとつであり、彼らのチームは将来の勝者を見極めることにおいて確固たる実績を築いてきた」と述べ、「ブロックワンでは、ブロックチェーン・ソフトウェア・ソリューションの開発と革新、スケーリング・ソリューションの開拓、Web3における信頼の構築と効率性の向上を実現する新技術のインキュベーションを行ってきた。『タイタンファンド』はこれらの目標を共有し、この業界をリードする次の波を築く新世代の起業家を支援する」とコメントしている。

「タイタンファンド」のマネージングパートナーにはブロックワンのイェン・シャウ・シン(Yen Shiau Sin)氏が着任する。

投資責任者には、オルタナティブ投資運用プラットフォームの「ブレバン・ハワードデジタル(Brevan Howard Digital)」で経験を積んだジョナサン・チャン(Jonathan Cheung)氏を迎えるとのことだ。

なおファンドの管理者はステート・ストリート(State Street)、監査人はEYだ。ファンドの運用は、香港の証券先物委員会(SFC)からそれぞれの資産運用ライセンスを付与されているCMCCグローバルの香港子会社、フィンテック・インベストメント・グループ・リミテッド( Fintech Investment Group Limited)が行う。

CMCCグローバルは9月、アニモカブランズが実施した2000万ドル(約29億円)の資金調達を主導している。

CMCCグローバルはWeb3投資特化型のアジア初のVCファンドであり、運用資産額は5億ドル(約733.4億円)を超えると伝えられている。

関連ニュース

参考:CMCCグローバル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored