Libra責任者「Libraは通貨の国家主権を脅かさない」、NEM財団らがカタパルト移行に関してNEMコアチームに向けた提案公開、マイクリプトヒーローズと手塚プロがコラボなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

Libra責任者が「Libraは通貨の国家主権を脅かさない」と発言

・Facebookらの仮想通貨プロジェクトであるLibra(リブラ)の責任者でありCalibra CEO David Marcas(デービット・マーカス)氏が、自身のTwitterでLibraと国家の通貨主権についての持論を展開した

・同氏は「Libraは既存の通貨の上で実行される、より良い支払いネットワークとシステムになるように設計していき、さらに世界中の消費者に非常に価値あるものを届けようとしています」とツイート

・さらに「Libraは既存の強力な通貨と1対1の割合でステーブルされるバスケットの仕組みを選択しているので、準備金は必ず必要となります」とツイート

・そして、同氏は「Libraは新たな通貨を創造しているわけではないので、通貨に対する国家の主権は変わらないままです」とツイート

NEM財団らカタパルトマイグレーショングループがNEMコアチームに向けた提案を公開

・NEM財団、NEM Studios, NEM VenturesそしてTech Bureau Holdingsにより構成されたCatapult(カタパルト)マイグレーション(移行対策)グループかNEMコアチームに向けた合同メッセージ(提案)「Migration Committee Community Update #1」(Catapultローンチの告知第一弾)が 9月16日に公開された

・Catapultは、NIS1(NEMバージョン1)の既存の強固な機能セットに加え、アグリゲートトランザクションやマルチレベルマルチシグネチャなどのいままでの分散型システムでは利用できなかった最先端の機能を搭載する全く新しいテクノロジースタックである

・このCatapultローンチの告知第一弾の提案の内容としては、チェーンを2チェーンにしてトークンを2種類にすること、ローンチ方法としては新チェーンへのオプトイン(承諾制)とすること、また移行されるものとしてはXEMバランス、マルチシグアカウント、ルートネームスペース、移行されないものとしてはサブネームスペース、モザイク、モザイクバランス、Txデータ等のすべてとしている

・なおNIS1からからCatapultへのXEM保有移行を行うかについては、スナップショット、トークンスワップ、トークンアロケーションの3つの手段がマイグレーショングループにて塾考されたが、その中で一番良いアプローチだとして投票されたのがトークンアロケーションオプトインであるとのこと

・なおマイグレーショングループはこの提案についてパブリックコメントを受け付けるフォームを公開した。この意見を元にローンチ日等の検討の参考にするとのこと

→詳細はこちら 

Square Crypto がBTC serverに10万ドルの寄付

・Square Crypto(スクエアークリプト)が助成金の第一弾として、BTC Server(ビーティーシー・サーバー)に10万ドルの寄付を発表

・BTC Serverは、ビットコインのセキュリティ、スケーラビリティ、プライバシー、ユーザーエクスペリエンスを含めた全ての機能向上を生み出すための無料のオープンソースソフトウェアプロジェクトだ

・プレスリリースによると、Square CryptoはBTC Serverがわずか2年前に誕生したにも関わらず、強力なコミュニティであり、開発プロジェクトであることを評価。このグラントによって、長期的にBTC Serverが発展し、ビットコインが社会に受け入れられる土台を生み出せればと記載している

double jump.tokyoがOPEN POSTと提携し、マイクリプトヒーローズで手塚プロダクションとコラボ

・double jump.tokyo株式会社が、OPEN POSTの取り組むプロジェクトに参画することを発表

・OPEN POSTが取り組んでいるのは、経済産業省のブロックチェーン技術を活用したコンテンツ流通システムの開発・実証に関するJ-LOD(ジェイロッド)補助金の採択事業である、「ブロックチェーン技術を用いたクリエイターの2次・多次コンテンツ創作を効率的に運用する共創プラットフォームの設立」プロジェクト

・また、同プロジェクト参画に際し、手塚プロダクションとのコラボを行うとのことで、コラボ内容の詳細については公式Twitter / Medium / Discordで追って告知を行うとのこと

マイクリプトヒーローズとディーカレットがコラボキャンペーン実施へ

・double jump.tokyo株式会社が開発・運営を行う「My Crypto Heroes」と、株式会社ディーカレットの運営する仮想通貨販売所ディーカレットとコラボキャンペーンを実施することを発表

・ディーカレットのトレードアカウントを開設したマイクリユーザーに限定キャラクターをプレゼントするキャンペーン

・抽選で500名にUncommon「出雲阿国」、50名にEpic「西郷隆盛」が当たるとのこと

・キャンペーン期間は9月17日12:00~10月27日12:00、配布は11月上旬を予定しているとのこと

・My Crypto Heroesは8月にもコインチェックとコラボキャンペーンを行っていた

エアリアルパートナーズ「GTAX」が法人、個人事業主版をリリース

・株式会社Aerial Partnersが「Gtax法人・個人事業主版」を提供開始したことを発表

・「Gtax」は、仮想通貨会計のバックオフィスを効率化する仮想通貨のクラウド会計ソフト

・Gtaxに暗号資産(仮想通貨)取引のデータを取り込むだけで、簡単に主要会計ソフトに対応した仕訳データを作成し、仮想通貨に関する決算業務を大幅に早期化、効率化をサポートしてくれる

・同サービスの利用は、暗号資産(仮想通貨)の利用目的、取引ボリュームにあわせてミニマム、ベーシック、プロフェッショナルの3つの料金プランが用意されている

・なお導入の際は、会計・税務の専門家による経理処理のヒアリングを行った上での提案となる為、問合せが必要とのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

東海東京フィナンシャルらがデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億円出資、深圳市がデジタル人民元の3度目のテスト計画、NEM流出事件31人検挙などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資、中国深圳市がデジタル人民元の3度目のテストを計画(発行額:約3億2,000万円)、コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙、マネックスグループがESG金融事業開始を発表、ロシア大手銀行スベルバンクが独自デジタル通貨発行に向け中央銀行に申請、ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(東海東京FHD)株式会社のシンガポール現地法人の東海東京グローバル・インベストメンツは、シンガポールのデジタル証券取引所であるiSTOXを運営するICHX Tech(ICHX社)のシリーズAの延長として、シリーズA2に参加したことを1月21日に発表した。

コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙

2018年に発生した暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)が暗号資産取引所コインチェックから流出した一連の事件において、ネムの不正な交換に応じたとみられる31人が警視庁により組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕や書類送検されたことが、1月22日共同通信など報道各社が報じた

ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

ロシアの地方裁判所が、ロシア地域において大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のウェブサイトがブロックされている件について、バイナンスの訴えを受け、そのブロックを取り消すことを1月20日に決定した。このことをロシア現地メディアが21日報じた

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる