米コインベース、シンガポールで「大手決済機関(MPI)」ライセンス取得

コインベースがシンガポールでMPIライセンス取得

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、シンガポール金融管理局(MAS)より大手決済機関(MPI)ライセンスを取得したことを10月1日発表した。

コインベースは昨年10月、シンガポールにおける主要決済機関としての原則承認 (IPA)をMASより取得している。これによりコインベースは、MAS規制下のもと同国でデジタル決済トークン(DPT)およびそれに関するサービスの提供が可能となっていた。

そして今回のMPIライセンス取得によりコインベースは、シンガポールで個人および機関向けにDPTのサービス提供を拡大できるようになったとのこと。

またコインベースの調査によると、シンガポール人の25%は暗号資産を未来の金融として考えており、32%はこれまでに暗号資産の保有経験があるという。また現在700社以上のweb3企業がシンガポールを拠点としているとのこと。

なおこれまでコインベースは、シンガポールの現地銀行とコインベースアカウント間における資金の無料送金や、デジタルID「シンガパス(SingPass)」の導入などシンガポール向けに特化した製品を開発してきている。

コインベースの直近の動きとしては今年9月、スペインにおいて暗号資産取引所およびカストディアンウォレットプロバイダーとして、同国中央銀行にアンチマネーロンダリング(AML)の登録完了を発表している。

またコインベースは昨年、アイルランドやイタリアにおいても暗号資産交換業者(VASP)の登録が完了しており、オランダでは暗号資産ライセンスを取得した。そして同社は現在、欧州約40カ国以上で暗号資産関連のサービスを提供している。

関連ニュース

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・Kandl

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored