BNBチェーンのレイヤー2「opBNB」、メインネットがパブリックローンチ

「opBNB」のメインネットがパブリックローンチ

「BNBチェーン」のレイヤー2ネットワーク「opBNB」のメインネットが、9月13日パブリックローンチした。

なお「BNBチェーン」は、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)提供のブロックチェーンである。BNBチェーンは、BNBスマートチェーン(BNB Smart Chain:BSC)およびBNBビーコンチェーン(BNB Beacon Chain)によって構成されており、「opBNB」はBSCのL2として稼働している。

ちなみにBSCはEVM(イーサリアムバーチャルマシン)対応(スマートコントラクトの実行)・コンセンサスレイヤー・マルチチェーンハブなどの役割を担っており、BNBビーコンチェーンはステーキングや投票などのBNBチェーンのガバナンス面を担当するブロックチェーンとなっている。

今回メインネットがパブリックローンチした「opBNB」は、オープンソースのブロックチェーン開発ソフトウェア「OPスタック(OP Stack)」で構築されたイーサリアム仮想マシン(EVM)互換のL2ブロックチェーン。

「OPスタック」はイーサリアム(Ethereum)のL2スケーリングソリューションであるオプティミズム(Optimism)の技術に基づいたソフトウェア。開発者はこのソフトウェアを用いることで、「オプティミスティックロールアップ(Optimistic Rollups)」を採用した独自のレイヤー2ブロックチェーンの立ち上げが可能となっている。

なお「opBNB」は今年6月にテストネットをリリースし、今年8月にはインフラプロバイダー向けにメインネットローンチをしていた。

公表されているテストネットの実績として、3,500万件以上のオンチェーントランザクションの処理が行われた他、435,972のユニークウォレットアドレスが接続されたという。また150以上のdApps(分散型アプリケーション)がデプロイされたとのことだ。

テストネットのパフォーマンスとしては、約1秒の高速ブロックタイムとなっており、1日86,000以上のブロックが処理されるとのこと。1日10~15万件のトランザクションが処理されたとのことだ。

関連ニュース

参考:BNB Chain
デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ