イーロンマスクのスペースX、543億円相当のビットコイン売却か=報道

スペースXが543億円相当のビットコイン売却済みか

イーロン・マスク(Elon Mask)氏率いるスペースX(SpaceX)が、同社保有の3億7,300万ドル(約542.8億円)相当のビットコイン(BTC)を売却していたと、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が8月17日に報じた。

WSJによると売却されていたBTCは、2021年と2022年にスペースXのバランスシートに損失計上として記載されていたとのことだ。

なお、このことはWSJが独自に入手した、スペースXの財務状況が記載された文書をもとに報道されている。スペースXは非上場企業であり、米国の制度では年次報告書などの情報開示義務は無いため、同社の財務情報は入手困難である。

またスペースXと同じくマスク氏がCEOを務めるテスラ(Tesla)は、2022年Q2(第2四半期:4~6月)にて保有するBTCの75%を現金(USD)に転換し、バランスシートに9.36億ドル(当時の価格で約1,300億円、以下同じ)の現金を計上していた。

同社は同年Q2で保有現金を増加させる方針だったようで、Q2で現金、現金同等物および短期有価証券は、前期(Q1)より9.2億ドル(約127億円)増加した合計189億ドル(約2.6兆円)となった。

ちなみにテスラは2021年2月に15.5億ドル(約1,636億円)のBTCを取得。そして同年4月には10%のビットコインを現金に転換している。

なお今回WSJが入手した文書によるとスペースXは、2023年Q1に15億ドル(約2,183.8億円)の収益があり、それに対して5,500万ドル(約80.4億円)の利益を生み出したとのことだ。

関連ニュース

参考:WSJ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・Sundry-Photography

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/1話題】KyberSwapのハッカーが完全支配を要求、マイクロストラテジーが880億円相当のBTC購入など

KyberSwap事件のハッカー、報奨金の取引条件として同社完全支配を要求、米マイクロストラテジー、880億円相当のビットコイン追加購入。合計保有数174,530BTCに、グレイスケール、現物BTC投資信託「GBTC」の運用効率化で契約更新、積水化学、蘭ブロックチェーントレーサビリティ「サーキュライズ」と業務提携、ワームホールが約331億円の資金調達、Wormhole Labs設立も、デジタル資産投資プラットフォームのFasset、ドバイでVASPライセンス取得、アニモカブランズが「オープンネットワーク」エコシステムに出資、TON最大のバリデータに、IoT向けDLTプラットフォーム「IOTA」がアブダビに財団設立、約148億円の資金提供も、バイナンス、BUSDのサポートを12月に終了へ

Sponsored

IoT向けDLTプラットフォーム「IOTA」がアブダビに財団設立、約148億円の資金提供も

IoT向け分散型台帳(DLT)プラットフォーム「アイオータ(IOTA)」が、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビに「アイオータ・エコシステムDLT財団」を設立したことを11月29日発表した。なお同財団はアブダビ・グローバル市場(ADGM)に登録された初の初のDLT(分散型台帳)に関する財団とのこと

アニモカブランズが「オープンネットワーク」エコシステムに出資、TON最大のバリデータに

アニモカブランズ(Animoca Brands)が、メッセージングアプリ「テレグラム(Telegram)」開発の分散型プラットフォーム「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」の最大のバリデータとなり、TONエコシステムのミニアプリ「トンプレイ(TON Play)」へ出資したことを11月28日発表した